日本の淡水魚の「絵」の魅力


突然ですが、皆さんは「図鑑」はお好きでしょうか?
ITの担当者である私は仕事柄、技術書をよく読みますが、生きもの図鑑も好きでよく読みます。

中でも、おススメは「イモムシハンドブック(略してイモハン)」をはじめとした「ハンドブック」シリーズ。手軽でとても見やすく、写真もきれいで、ファンの多い図鑑の一つです。

文一総合出版のハンドブックシリーズ。実に多くの種について、出版されています。<br>きれいな写真と詳細な説明で、ながめるだけでも楽しい図鑑です。

文一総合出版のハンドブックシリーズ。実に多くの種について、出版されています。
きれいな写真と詳細な説明で、ながめるだけでも楽しい図鑑です。

このシリーズを出版する「文一総合出版」のWebマガジン「BuNa」の編集者の方と、先日ご挨拶をさせていただく機会がありました。

私たちWWFでは「田んぼといきもの保全キャンペーン」が実施中だったこともあり、この取り組みを「BuNa」の記事にしていただけることに!

  • さらに表示する
文一総合出版のWebマガジン「BuNa」は、生きものと自然にまつわる情報発信ウェブサイトです。<br>社名(Bun-ichi Sogo)の「Bu」と、自然をあらわす英単語Natureの「Na」を合わせて名付けられたそうです。

文一総合出版のWebマガジン「BuNa」は、生きものと自然にまつわる情報発信ウェブサイトです。
社名(Bun-ichi Sogo)の「Bu」と、自然をあらわす英単語Natureの「Na」を合わせて名付けられたそうです。

この記事では、私たちが水田保全活動でシンボルとさせていただいている、博物画家・小村一也先生の手掛けた、美しい淡水魚の絵に注目。
小村先生の絵との出会い、そして、先生が自然をどう見つめ描かれているか、アトリエでの取材を通じご紹介しました。

「魚の絵」の魅力やすばらしさを説明するのは、難しいことでしたが、先生と私たちが日本の身近な生きものに寄せる想いに、少しでも共感していただければ嬉しい限りです。

なお、小村先生には、現在私たちが取り組んでいる、水田プロジェクトへのご寄付を募る「田んぼといきもの保全キャンペーン」の企画にも、ご協力をいただいています。

なんと、先生の魚の絵を希望される方に、描き下ろしの「原画」をプレゼントしてくださる!という企画です。

景表法に基づき、一定額以上のご寄付を頂いた方に限らせていただいていますが、本物の「絵」を手に入れる、貴重な機会です。

日本の美しい淡水魚たち、そして、小村先生の絵の魅力に魅せられた方は、ぜひご検討ください!

博物画家である小村一也さんが、あなたのために、新しく特別に描きおろし、その原画をプレゼント致します!<br>※詳細のお話は、ご寄付を頂戴した後、WWFジャパンからご連絡させていただきます。<br>※魚種についても個別にご相談させていただきますが、主に本州以南の淡水魚が対象になります。

博物画家である小村一也さんが、あなたのために、新しく特別に描きおろし、その原画をプレゼント致します!
※詳細のお話は、ご寄付を頂戴した後、WWFジャパンからご連絡させていただきます。
※魚種についても個別にご相談させていただきますが、主に本州以南の淡水魚が対象になります。

田んぼと生きもの保全「失われる命の色」

【寄付のお願い】失われる命の色 田んぼの魚たちと自然を守るために、ぜひご支援ください!

この記事をシェアする

企画管理室 ITグループ長
谷野 要

ライフワークは、ITと自然保護を繋げる方法をあれこれ考えることです。

社会人になってからはIT畑一筋。WWFでは、技術書よりも動物図鑑をこよなく愛するIT担当者です。生き物好きの世界に入り込んだのは約40年前。昆虫写真家の海野和男さんの写真に興味をひかれたことがきっかけです。以来、昆虫好きにはじまって、魚・両生・爬虫・鳥・哺乳類と、いろいろな野生動物を観察してきました。趣味は、2000kmを旅するアサギマダラの飛来調査とムササビの観察会。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP