WWFの活動

世界の自然を守るWWF4つのテーマ

WWFが目指すのは、人間が自然と調和して生きることができる未来を築くことです。そのゴールに向かって、科学的な知見に基づき、次の4つの活動テーマを柱に活動をしています。

ペット利用される南西諸島固有の両生・爬虫類 最新報告書発表

2018/5/23野生生物の違法取引対策

ペット利用される南西諸島固有の両生・爬虫類 最新報告書発表

九州南端から台湾にかけて連なる、沖縄、奄美などの島々。南西諸島と呼ばれるこの地域には、この地域でしか見られない固有の動植物が数多く生息し、世界自然遺産の候補地に....続きを読む

ツキノワグマのすむ森で?徳島県中部で計画される風力発電事業

2018/5/18日本での地球温暖化防止

ツキノワグマのすむ森で?徳島県中部で計画される風力発電事業

地球温暖化問題の解決策として、普及が期待される風力や太陽光などの再生可能な自然エネルギー。しかし、そのための風車などの発電施設を、場所を選ばずに建設すれば、地域....続きを読む

小売・食品業界に広がるパーム油の持続可能な調達

2018/5/17責任ある林産物の購入

小売・食品業界に広がるパーム油の持続可能な調達

日本でも「植物油」「植物油脂」といった表記で、多くの製品に利用されているパーム油。しかし、その原料となるアブラヤシの農園(プランテーション)開発が今、東南アジア....続きを読む

メコン川でカワゴンドウの個体数増加を初めて確認

2018/5/09メコン川流域の生物多様性保全

メコン川でカワゴンドウの個体数増加を初めて確認

2018年4月、WWFカンボジアは、メコン川に生息する絶滅危惧種のイルカ、カワゴンドウの個体数が過去2年間で80頭から92頭に増加したことを発表しました。これは....続きを読む

国連気候変動ボン会議(APA1-5・SB48)・第1週目報告

2018/5/09国連気候変動会議

国連気候変動ボン会議(APA1-5・SB48)・第1週目報告

2018年12月にポーランド・カトヴィツェで開催予定の国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)に向けての準備会合がドイツ・ボンで会議が開催されていま....続きを読む

イベント報告:外来種って「ワルモノ」なの? WWFの人に聞いてみよう

2018/5/02外来生物問題

イベント報告:外来種って「ワルモノ」なの? WWFの人に聞いてみよう

普段の暮らしの中でも身近に見られる外来種。この人の手によって持ち込まれた動植物が今、さまざまな問題を引き起こしています。しかし、放された生きものたちに罪があるわ....続きを読む