• 「パリ協定」のルール作りを完成する 「COP24」が開幕 国連の気候変動に関する会議COP24の最新情報をお伝えします 詳しく見る
    COP24が始まりましたCOP24が始まりました
  • パンダロゴが生まれたわけ 環境を守るマークとして愛されるパンダロゴが生まれるまでのストーリーをご紹介。 詳しく見る
    パンダロゴが生まれたわけパンダロゴが生まれたわけ
  • #ANIMAL_SELFIE キャンペーン 動物たちの今置かれている現状を動物自ら「セルフィー」で写真を上げ、 声を挙げらるプロジェクトが始まりました。 詳しく見る
    #ANIMAL_SELFIE
キャンペーン#ANIMAL_SELFIE
キャンペーン
  • 生きているアジアの森プロジェクト Living Asian Forest Project 世界有数の生物多様性を誇る東南アジアの熱帯林とそこに生息する生物を保全するための保全活動を行っています。 詳しく見る

WWFは環境保全に取り組む
公益財団法人です。

皆様の大切な想いとともに
託されたご支援によって、
私たちは今日も活動を続けています。

人と自然が調和して生きられる未来を
実現するその日まで。

「Earth Hour(アースアワー)2018」開催報告

2018年3月24日、WWFが主催する国際環境イベント『アースアワー(Earth Hour)』が実施されました。各国それぞれの時間帯の午後8時30分から1時間、照明を消すことで、「地球温暖化を止めたい」「地球の環境を守りたい」という意思を、世界の人々が示すこのイベント。2018年は188カ国、約17,900のモニュメントが参加し、消灯の輪が地球をぐるりと一周しました。日本では東京、横浜、広島をはじめ、各地でイベントが開催されました。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP