法人の皆さまへ


WWFは、複雑化・長期化・グローバル化する地球環境問題に取り組むためには、企業の参加が不可欠と考えています。「環境NGOと企業との真のWin-Win関係構築の時代へ」、これがWWFの基本姿勢です。設立以来、多くの企業と共に歩んできたWWFは、今後もさらに多くの企業と、双方にとってメリットのあるパートナーシップを築いてゆくことを目指しています。

企業とWWF

地球環境の保全における企業の可能性

今や、地球の環境問題、世界の生物多様性の劣化は、資源や経済といった、企業の事業そのもののゆくえにも大きく関係する、深刻な課題です。企業には、社会の一ステークホルダーとして、こうした問題を解決するための参画と取り組みが求められています。

地球環境の保全における企業の可能性

WWFの考える企業との関係構築

WWFは、企業との対話・連携を通して、地球環境と生物多様性の保全および持続可能な社会の構築、すなわち、「One Planet Life style(地球一個分の暮らし)」の実現を目指しています。

WWFの考える企業との関係構築

さまざまなご支援の方法

ご支援・協働の事例

WWFジャパンは、多様な側面を持つ環境問題に取り組むため、広範な分野において専門家と協力しながら、さまざまな活動を展開しています。その活動を支えるご支援の方法や、協働事業のスタイルもまたさまざま。こちらでは、これまでに実現してきた、その具体的なご支援や協働の事例を紹介いたします。

WWFの考える企業との関係構築

関連情報

税法上の優遇措置について

WWFへのご支援は、税法上の優遇措置の対象になります。WWFジャパンは、公益法人認定法2条4号ならびに所得税法施行令(第217条第1項第3号)、および法人税法施行令(第77条第1項第3号)に定める「特定公益増進法人(公共法人、公益法人等のうち公益の増進に寄与すると認められる法人)」として免税団体に認定されております。

ロゴマークの使用について

WWFのロゴマーク(パンダマーク)を販売活動に利用する提携契約です。マークの使用料は、いずれの場合についても、WWFの自然保護活動の資金として活用されます。

よくあるご質問

企業からのよくあるご質問の一覧です。

お申込み・お問い合わせ

個人への呼びかけ(募金)

WWFジャパンでは、さまざまな形で募金のご協力を呼びかけています。小額から受付けていますのでご協力ください。なお、これらは不特定多数からの募金として受付けていますので、領収書は発行しておりません。領収書をご希望されるご寄付の場合は、こちらから受け付けています。

ネットで募金
インターネットをご利用しての募金ですので、このままご支援していただくことができます。

アプリで募金
アプリケーションを利用しての募金です。お持ちのものがございましたら、ぜひご協力ください。

街で募金
ファミリーマートでのFamiポート募金、動物園水族館などに募金箱を設置しています。

ポイントで支援
クレジットカードやメンバーズカードのポイントからもご支援をいただいています。


人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP