ご支援のお願い 野生ネコの王国

最近の記事

RSS

今日は「にゃんにゃんにゃん」と2が続く、猫の日。 ネコは身近でかわいい人気の動物ですが、自然界にもネコ科の野生動物はたくさんいます。 ライオンやチーターなどその数、実に38種! 中でも、東南アジアのスマトラ島とボルネオ島には、世界で最も多くの種類の野生のネコがおり、2島を合わせて7種が生息しています。 世界で一番小さなトラの亜種、スマトラトラ。推定個体数は400頭~500頭。生息地の森林の減少は、日本の消費とも確かにつながっています。 バクやシカまで獲物とするトラから、主に樹上で暮らし鳥などを襲うウンピョウ、水辺でカニやカエルも食べるマレーヤマネコ、ネズミを主食とするベンガルヤマネコまで、大きさや生態はさまざま。 その獲物の多様さと豊富さは、すみかの熱帯林が、命にあふれたすばらしい自然であることの証なのです。...続きを読む

カテゴリ: 伊藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月16日、京都で野生生物製品を不正に取引した容疑で、古美術商とその法人が書類送検されたとの報道がありました。 「種の保存法」で売買が規制されている、トラなど絶滅のおそれのある動物の身体を使った製品を、インターネットオークションに出品したことが理由です。 日本では今、ネットオークションをはじめ、オンラインでの取引が急増。 ユーザーも用途も多様化していますが...続きを読む

カテゴリ: 西野

先日、事務局で「水田・水路の生物多様性と農業の共生プロジェクト」についてのプレゼンテーションをしました。 WWFには、自然保護活動の担当者だけでなく、総務や募金、支援者の方々への対応などを仕事とするスタッフも多くいます。 活動をサポートするこうした仲間たちにも、現場のことをしっかり伝えるため、お話しする機会が設けられているのです。 九州大学の調査チームによ...続きを読む

カテゴリ: 並木

こんにちは、広報担当の山本です。 WWFが主体となり開催をしている2007年から世界各地を消灯のリレーで繋ぐソーシャルグッドプロジェクトEARTH HOURは、毎年多くの著名な方々を親善大使として就任頂き、応援を頂いています。 日本でもこれまでにEARTH HOURの主旨にご賛同いただいた多くの著名人の方々をEARTH HOURサポーターズ(親善大使)とし...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

今日はバレンタインデーですね! 日本のチョコレート市場は約5,560億円 でアジア最大だそう。 また、最近のトレンドはコンビニでもよく見かける「ハイカカオ」のようです。 私は、どちらかというとミルクチョコレートが好きなのですが、買うとなると躊躇してしまいます。 それは口どけが良いミルクチョコレートには、パーム油が使われていることが多いから。 パーム油生産の...続きを読む

カテゴリ: 伊藤

こんにちは、広報の辻です。 2018オリンパス/WWFカレンダー「Pantanal/生命みなぎる大湿原‐パンタナール」、既に入手されてお部屋に飾っておられる方もたくさんいらっしゃると思います。 パンダショップ 2018岩合光昭カレンダー このカレンダーの写真はすべて、動物写真家・岩合光昭さんが撮り下ろしされた新作ばかり。ジャガー、スミレコンゴウインコ、カピ...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , パンダショップ ,

トラフィックの西野です。先日、とても痛ましいニュースが飛び込んできました。 40年以上にわたり、象牙と犀角(サイの角)の違法取引撲滅に取り組み続けてきた、エズモンド・マーティン氏が亡くなられたというのです。 報道によると、ケニアの自宅で強盗に殺害されたとのことでした。 エズモンド氏は、今まさに私たちが取り組んでいる、象牙や犀角などをはじめとする野生生物取引...続きを読む

カテゴリ: 西野

こんにちは!WWFインドネシアのアグンです。 私は先日、飛行機で7時間かけて東京へやってきました。 熱帯林の現場での問題を、日本企業の方々へお伝えするためセミナーを開催したのです。 セミナーでの質疑応答。2020年東京五輪に向け、持続可能な原材料への責任が問われる中、企業の方から多くの質問がありました。 皆さんは森林破壊の「原因」は何だと思いますか? 木材...続きを読む

カテゴリ: 海外スタッフ

こんにちは。広報の辻です。 3月24日のアースアワーまで、あと50日を切りました。WWFジャパンのオフィスでも、関係者がそろそろ準備に追われ始めています。 アースアワーは、2007年にWWFオーストラリアが行なった温暖化防止キャンペーンが始まりでしたが、現在は世界187の国や地域で行なわれる一大環境キャンペーンに成長しています。 その意義や目的も広がりを見...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! ,

こんにちは!WWFジャパンでインターンをしている甚内です。 1月19日、損保ジャパン日本興亜環境財団の支援によって環境NGOでインターンをする学生22名が集まり、WWFで定例会を開催しました。 今回は幹事として、パーム油のワークショップを企画しました。 パーム油は食品やシャンプーの原料として多くの用途で使われる植物油で、大量生産もしやすく生活に欠かせません...続きを読む

カテゴリ: ボランティア

今年も「EARTH HOUR(アースアワー)」の時期がやってきました! EARTH HOURは、毎年3月末に世界中の人々が「地球温暖化を止めたい」「地球環境を守りたい」という想いを込め、同じ日・同じ時刻に電気を消して、消灯のバトンをつなぐソーシャルグッドプロジェクトです。 2007年にオーストラリアで地球温暖化防止キャンペーンの一環として始まり、2017年...続きを読む

カテゴリ: アースアワー , イベント情報! , 山本(亜)

トラフィックの白石です。 ここ最近、二ホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の不漁が話題になっていますね。 この不漁、実はウナギ養殖が広く行なわれている中国、韓国、台湾も同じ。 そこで心配になってくるのが、他のウナギ種への影響です。 ウナギの養殖は、天然の稚魚を獲ってきて養殖場で大きくするという手法をとっているため、稚魚が必要となります。 そして、東アジアの国・...続きを読む

カテゴリ: 白石

寒い日が続きますね。 WWFの事務所周辺でも、日差しがあたる場所はポカポカと暖かいのですが、高層ビル付近では、日陰な上に強いビル風に煽られて、凍えるような寒さです! こうしてほんの小さなエリア内でも、日差しの当たり方や気温、風の強さが変わるわけですから、太陽光や風力を利用した発電を効率よく行うためには、その地域やその日の気候によって異なる状況を、より正確に...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 松岡

草刈です。 先日、中央環境審議会自然環境部会の第18回野生生物小委員会を傍聴してきました。 目的は、議題の一つに挙げられていた「種の保存法」にかかわる希少野生動植物種保存基本方針の見直しの検討です。 その中で、とても印象的な言葉を聞くことができました。 終わりの挨拶で、環境省野生生物課長の堀上勝さんが述べられた言葉です。 「今後、種の保存法に基づく検討は、...続きを読む

カテゴリ: 草刈

2年後に迫った、オリンピック・パラリンピック東京大会。 近年の大会はいずれも環境配慮を謳っていますが、東京大会は特に過去最高の持続可能な大会を目指すとしています。 地球温暖化対策は、その大きな柱の一つ。 なぜなら、競技会場など必要なインフラの整備に際し、多くの二酸化炭素が排出されるからです。 そうした中、大会を運営する組織委員会の有識者委員会の一つ「地球温暖...続きを読む

カテゴリ: オリンピック関連 , 三間

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ