【寄付のお願い】喜々と危機。WWFの密猟や違法取引を防止する取り組みにご支援ください。

最近の記事

RSS

海辺に面した里山の見事な景色が広がる、石川県の輪島市。 その中でも能登半島の景勝地として知られる高爪山麓で、いま新しい産業廃棄遺物の処理場「門前クリーンパーク」が建設されようとしています。 しかし、現地での調査結果によれば、ここにはミゾゴイをはじめ、サンコウチョウ、ハチクマ、サシバなどの希少な鳥類が生息。 事業によるこれらの野生生物への影響が懸念されています。 能登半島に残る里山の景色 特に、日本でしか繁殖していないミゾゴイは、IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストで「絶滅危惧種(EN)」に指定されている、世界的にも数の少ない鳥類です。 総個体数は推定で、わずかに1,000~2,500羽。 このミゾゴイが高爪山では繁殖していることも、今年明らかとなりました。 これを受け、石川県内の3つの自然保護団体、日本...続きを読む

カテゴリ: 草刈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広報の松岡です。 ドイツのボンで開催された、国連気候変動フィジー会議(COP23)が18日、閉幕しました! 会期中WWFジャパンのスタッフが、現地の様子や会議の進展をご報告した動画レポートシリーズ、もうご覧いただけたでしょうか。 全5回分を公開したので、まだの方はぜひ再生リストからご覧ください! 気候のマーチ。参加者は頬に「PLANET EARTH FIR...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報の辻です。先日、「WWFジャパン森林絵本コンテスト」参加校のひとつ、東京・渋谷にあるBritish School in Tokyoにお邪魔してきました! こちらの小学校では、日本語科の渡辺先生、薮田先生のご指導のもと「Japanese Book Making Club」に所属するY2、3(日本の小学校で1~2年生に相当)の子どもたち9名が参...続きを読む

カテゴリ:

ドイツ・ボンの国連会議(COP23)の会場より、温暖化担当の山岸です。 会議が終盤を迎え、閣僚級会合が始まった11月15日の夕方、会議場内に私たちWWFが出展しているパビリオン周辺は、身動きができないほどの人で埋め尽くされました。 市民社会の代表と意見交換をするため、フランスのマクロン大統領とユロ環境大臣が訪れたのです。 トランプ大統領がパリ協定の離脱を宣...続きを読む

カテゴリ: トランプ大統領 , 山岸

ドイツのボンより、温暖化担当の小西です。 11月6日、国連の気候変動会議(COP23)が始まりました。 場所こそドイツですが、議長国は南太平洋の島国フィジー。 小国ながら、地球温暖化の国際会議では大きな存在感と影響力を発揮し、交渉を牽引してきました。 フィジーには、そうならざるを得ない理由がありました。 CO2をほとんど排出していないにもかかわらず、最も深...続きを読む

カテゴリ: 小西

こんにちは、広報担当の山本です。 6月にスタートした「WITHスタンプ」キャンペーン、みなさまはもうお試しいただけたでしょうか? WITHスタンプとは、自分の名字の漢字に、絶滅危惧種の動物シルエットが入った自分だけのハンコ(スタンプ)を通じて、野生生物や自然環境の保護活動を支援する取り組みです。 専用ページから自分の「姓」を入力するだけで、あなただけの「W...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! , 山本(亜)

今朝、タイの空港でカワウソを10匹、密輸しようとした日本人の女子大生が、当局に逮捕された、というニュースがありました。 「密輸」、すなわち違法な持ち出しを行なおうとしたことが、逮捕の理由となったわけですが、報道ではいずれも、問題のポイントである「何の法律に抵触したのか?」については触れられていません。 ですが、野生動物の保護に詳しい方なら、これが「ワシント...続きを読む

カテゴリ: トラフィック , 生きもの小ネタ , 若尾

トリック・オア・トリート!(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)広報の松岡です。今日はハロウィンですね! ハロウィンといえば、仮装した子どもたちが近所を訪ね歩いてお菓子をもらうイベントですが、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのお祭りが由来だそう。 オレンジ色に三角の目をしたかぼちゃのランタンは、この時期たくさん収穫できるかぼちゃの中身をくり...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 松岡

先日、爬虫類のペット取引調査のために沖縄へ行ってきました。 もう一つの目的は帰って来たウルトラマン!(若者は調べてください)ではなく、帰って来たイボイモリ!に会うこと。 これは南西諸島にだけ生息する日本の固有種で、天然記念物として保護されています。 ゴジラっぽい(?)姿からペットとしての人気があり、密猟や違法取引の対象となることも... 2015年11月に...続きを読む

カテゴリ: 若尾

その名前のとおり灰色がかった白く美しい毛皮を持ち、ヒマラヤから中央アジアにかけて連なる山岳地帯に生息するユキヒョウは、世界で最も高地に生息するネコ科の野生動物です。 昨日、10月23日は、キルギス共和国の首都ビシュケクで「世界ユキヒョウ保護フォーラム」が開催されてから1年を迎えた 2014年の同日に「世界ユキヒョウの日」として定められました。 ユキヒョウの...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

広報の松岡です。 関東地方は台風一過で久々の晴れでしたが、秋の陽気を楽しめる間も少ない日が続きますね。 秋は魚の美味しい季節でもありますが、近年では今が旬な身近な魚も「獲り過ぎ」により数が減り、中々獲れない状況が懸念されています。 そんな折、とても良いニュースがありました! 今年5月に東京でオープンした日本初のサステナブル・シーフードのレストラン「BLUE...続きを読む

カテゴリ: 松岡

南極から非常にショッキングなニュースが飛び込んできました。 南極大陸に生息するアデリーペンギンのとある1つのコロニー(集団繁殖地)で、ヒナが大量に餓死し、わずか2羽のヒナしか残されていないということが分かりました。 アデリーペンギンは南極大陸に生息する4種のペンギンのうちの1種で、体長は最大75cm、体重は3.7~5.0kgほど。 ヒナの死骸を捕食するオオ...続きを読む

カテゴリ: 山本(亜)

こんにちは。広報の辻です。 早いもので10月ももう半ば。そろそろ年末の足音が聞こえてきそうですね。この時期になるとお店にたくさん並び始めるもののひとつが、そう、「カレンダー」です。 毎年恒例、オリンパス/WWFカレンダーもこのたび完成し、WWFの通販「パンダショップ」でのお取り扱いを始めました。今回のテーマは「パンタナール」です。 パンタナールとは、南米大...続きを読む

カテゴリ: イベント情報! ,

エコロジカル・フットプリント担当の清野です。 10月16日は世界食料デー、10月は世界の食料問題を考える月間です。 毎日、食卓であたりまえのようにいただく肉、魚、野菜、果物、穀物。これらは作られ、運ばれ、加工され、消費される過程で、自然に大きな影響を与えています。 たとえば、農地開拓のための森林伐採や、湖や川の水の過剰な利用、魚の獲りすぎなど。いまや食料の...続きを読む

カテゴリ: 清野

自然保護室の川江です。 私たちが自然保護活動を支援している極東ロシアの森には、2種のネコ科の絶滅滅危機種、シベリアトラとアムールヒョウが生息しています。 この2種は、国の法律で保護されているにもかかわらず、今も密猟の被害が絶えません。 2015年8月にも、極東ロシアの沿海地方で、銃で撃たれ、足を怪我した若いメスのトラを住民が発見するという出来事がありました...続きを読む

カテゴリ: 川江

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ