初めての方へ


「地球の環境や生きものたちのことが気になる」
「子どもたちの未来のために何かしたい」
WWFはそうした人の思いに支えられながら、地球環境の保全に取り組む民間の団体です。

WWFってどんな団体なの?

パンダのマークは知っているけれど、どんな活動をしているのか知らない…という皆様へ。
WWFが設立後どのような使命で、どのような道を歩んできた団体なのか簡単にご紹介いたします。

私たち(WWF)の使命

WWFの歴史

世界中の仲間と共に活動しています

WWFは世界の皆さまからお寄せいただいた寄付や募金意支えていただきながら、
スイスのWWFインターナショナルを中心に、100か国を超える国々で地球環境の保全に取り組んでいます。

世界に拡がるWWFネットワーク

ネットワーク活動拠点

WWFネットワーク活動拠点世界地図
詳しく見る

私たちはWWFジャパンです

WWFジャパンは内閣府にその活動の公益性を認められた、公益財団法人です。
日本のWWF事務局である私たちは、世界に広がるWWFネットワークの一員として、海外の仲間たちと共に活動に取り組んでいます。

WWFジャパン 団体概要

名称 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
設立 1971年(昭和46年)9月22日
名誉総裁 秋篠宮皇嗣殿下
代表者 会長:末吉竹二郎
所在地 WWF ジャパン東京事務所
東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル3階 WWF サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」
沖縄県石垣市字白保118
職員数 職員 76名(2019年10月1日現在)
事業内容
  1. 生物多様性の保全及び人類による自然環境への不可の軽減のための活動、調査研究、政策提言及び環境保全思想の普及
  2. 世界自然保護基金国際事務局(WWFインターナショナル)への協力並びに関係諸団体との連携
  3. その他この法人の目的達成上必要な事業
基本財産 11億8,210万2,523円(2016年6月30日現在)
サポーター数 個人サポーター 約43,000人 法人サポーター 約420社
事業年度 毎年7月1日から翌年6月30日まで

さまざまな方から
支援していただいています

動物写真家 / WWF顧問

岩合 光昭さん

今の地球を考える

ヒトのことを考える、動物のことを考える、自然のことを考える、当たり前のことだが難しい、それこそ今の地球でしょう。ぼくはWWFを応援しながらいつも考えています。あなたも応援してみませんか。
きっとあなたの心の中の無数の何かが動き出すでしょう。

東京海洋大学客員准教授 / WWF親善大使・顧問

さかなクン

感動を、みなさまとギョ一緒に!

皆さま!こんにちは、さかなクンです。
今、世界の各地でお魚のとれる量や場所、季節などに変化が表れています。お魚が、環境の変化にとっても敏感な動物だからでギョざいます。これからも、人とお魚、そしてすべての動物と植物が元気いっぱいに生きていくために、さかなクンも皆様と一緒にWWFの活動に参加させていただきます。

私たちの活動をより詳しく知ってください

WWFの活動は、皆さまからお寄せいただいている寄付金や会費により行なわれています。
ご希望の方には、活動とご支援方法についてのご案内を送らせていただきます。ぜひお気軽に資料をご請求ください。

WWF資料
WWF資料
WWF資料

資料として、一般会員の方に年4回お送りしている会報誌『地球のこと』の見本誌や、ご入会の案内パンフレットなどをお送りいたします。

資料請求する

情報発信を行っています。

WWFジャパンではメールマガジンやSNSを通じて、活動報告から野生生物や自然環境に関連するさまざまな情報を発信を行っています。メールマガジンではスタッフ募集の際の告知なども行っていますので、ご関心をお持ちの方はぜひご登録ください。

メールマガジンのご案内
LINEのご案内

ご支援方法について

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP