©WWFジャパン

COP25チリ・マドリード会議 世界はグレタをはじめとする若者に応えたか?


スウェーデンの16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリさんが世界中で話題になる中、スペイン・マドリードにて開催されていた国連の温暖化防止会議(COP25)が、12月15日に2週間の会期を2日間も延長して、閉幕しました。

これは、平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満(できれば1.5度)に抑えるという長期目標を持つ「パリ協定」が2020年から本格的に始まるのを前に開かれたものです。

©WWFジャパン

COP26開催地のイギリスへの引継ぎ式典

ハイライトは、積み残されたパリ協定のルールに合意すること、そして各国が提出した温室効果ガスの削減目標を引き上げる機運が強く打ち出せるかでした。

COP25には今や時の人となったグレタさんをはじめとした世界の若者たちも参加し、大人たちに対策の強化を訴えました。

©WWFジャパン

マドリードで開催された気候マーチの様子。世界中に広がった「未来のための金曜日」を始めたグレタ・トゥーンベリさんを讃えるプラカードを掲げています

徹夜の2日間延長の末、COP25はギリギリのところで、各国に対して対策強化のメッセージを打ち出すことができましたが、それは決して、湧き上がる若者たちの叫びに充分に応えたものとはいえません。

同時に、パリ協定の残されたルールの中でも最も注目された市場メカニズム(2カ国以上の国が協力して温室効果ガス排出量の削減を行ない、その削減分を国際的に取引する仕組み)は合意ならず、次のCOPへと先送りされました。

そう聞くとCOP25は失敗だったように見えますが、実はこのルールについては先送りはむしろ賢明であった面もあります。

というのは、この交渉は「京都議定書時代に削減した分をパリ協定で使えるようにしたい」などといった抜け穴作りの交渉だったからです。グレタさんは「気候危機に立ち向かうよりも、大人たちはこのCOP25で抜け穴作りに熱心だ」とまさに本質をついた糾弾をしていました。

本来COP25は、かなり技術的な会議だったので、通常は日本もメディアはあまり取り上げないのですが、今回は注目の小泉進次郎環境大臣が参加したため、日本でも大きく取り上げられました。日本の石炭火力推進姿勢が強く非難され、化石賞を受賞したことなども、いつもよりも話題になりました。

なぜ石炭が非難の対象になるのか?そしてグレタさんや世界の若者はどんなことをしたの?そう思ったあなた、ぜひ現地に赴いた私たちが書いたCOP25報告をご覧ください!

この記事をシェアする

WWFジャパン  専門ディレクター(環境・エネルギー)
小西 雅子

博士(公共政策学・法政大)。米ハーバード大修士課程修了。気象予報士。昭和女子大学特命教授兼務。
中部日本放送アナウンサーなどを経て、2005年に国際NGOのWWFジャパンへ。専門は国連における気候変動国際交渉及び環境・エネルギー政策。2002年国際気象フェスティバル「気象キャスターグランプリ」受賞。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会持続可能性委員会委員、環境省中央環境審議会委員なども務めている。著書「地球温暖化は解決できるのか~パリ協定から未来へ!~」(岩波ジュニア新書2016)など多数。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP