「ワンワン! このカバンが怪しいぞ!?」


中国の雲南省から、こんな動画が届きました。

空港の荷物が流れてくるベルトコンベアの上を走る犬。これ麻薬を発見する麻薬探知犬ならぬ、野生生物探知犬です。

彼らが嗅ぎ付けるのは、荷物の中に隠された野生動物や、骨、角、毛皮、羽など、輸入が禁じられている密輸品。犯罪捜査と抑止に貢献する犬たち、というわけです。

日本もそうですが、輸出や輸入が禁じられている品を、現在こうした空港や港などの「水際」の現場で見つけ出すのは、きわめて難しいのが現状です。

個人が持ち運びできるような荷物の中ともなれば、その捜査の困難はいや増すことになり、認知されないまま続いている密輸が、まだ多くある可能性も考えられます。

それらを防ぐためには、法律を厳しくすることはもちろん、その施行についても、さまざまな手段やアイデアをひねり出し、実現の方法を考えねばなりません。

そんな中で、以前から活躍が期待されていた、この野生生物探知犬たちが登場することになりました。

今回、雲南省で主な空港などに配属されることになった犬は3頭。厳しい訓練を受け、隠された虎骨、象牙、サイの角、センザンコウの鱗や生きた淡水ガメを見つけ出す!という試験に見事パスした、優秀な犬だそうです。

また、この犬と一緒に働く空港のスタッフも、7月の終わりにWWF中国が昆明で開催した、トラをはじめとする野生生物の違法取引についての国際ワークショップにも参加するなど、取締りの強化をめざしているとのこと。

野外のフィールドではないですが、ここもまた野生生物保護の現場。違法な取引に対抗する新しい力として、犬たちの活躍に期待したいと思います。(広報担当:三間)

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP