命はぐくむ、水田と水路をつなぐ水の流れ


私は小さいころから森林保全の仕事に携わることが夢でしたが、大学入試の時は点数が足りず、森林学科に入れなかったため、農業経済学を専攻しながら森林科学の授業を履修していました。

前職でも途上国の農業開発に携わっており、実は日本の農業にも関心を寄せています。

そんな訳で私たちWWFジャパンが目下取り組んでいる「水田・水路の生物多様性と農業の共生プロジェクト」は、担当外ながら応援したくて仕方のない活動の一つ。

中でも興味深いと思うのが、田んぼをめぐる「水路」です。

WWFのフィールドである九州の水田地帯には、水を効率よく使うために昔の人たちが工夫した、複雑で多様な水路が広がっています。

WWFのフィールドである九州の水田地帯には、水を効率よく使うために昔の人たちが工夫した、複雑で多様な水路が広がっています。

昔の日本には、田んぼに水を入れる「用水」と、水を抜く「排水」に、同じ1つの水路を使う水田が多くありました。

水路を水田と同じ高さに作ることで、田植えの際には水を入れ、稲刈りの前には水を出す、という使い方をしていたのです。

そして、この水路と水田のつながりが、水路でくらし、水田で産卵する生きものたちの営みを支える大きな要素となっていました。

しかし、近代の農業では2つの水路は分けられ、用水は川や水路からポンプで汲み上げ、排水は水田より低い水路に水を流す形で、簡単に行なわれています。

農業は効率化されましたが、生きものの観点からすると、水路と水田の間に高低差ができ、水の流れも一方通行になってしまったことで、季節や成長に合わせた生息環境への移動が困難になってしまいました。

こうした変化が今、水田を含む里山・里地の自然と、そこに生きる野生生物が数を減らす原因の一つになっています。

  • さらに表示する
田んぼや水路の自然を代表する魚の一種ミナミメダカ。ドジョウなどと共に、身近な魚の代表でもありましたが、絶滅が心配されるほどに数を減らしています。

田んぼや水路の自然を代表する魚の一種ミナミメダカ。ドジョウなどと共に、身近な魚の代表でもありましたが、絶滅が心配されるほどに数を減らしています。

その中で、どうすれば水田の自然を守れるのか。WWFでは、地域や研究者の皆さんと共に、新しい挑戦を続けています。

現在この活動を支援するキャンペーンも実施中。ぜひご支援をお願い致します。

【寄付のお願い】失われる命の色 田んぼの魚たちと自然を守るために、ぜひご支援ください!

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
川江 心一

ロシア、インドネシア、タイのフィールドプロジェクトを担当。天然ゴムの生産が引き起こす森林破壊の問題を解決するため、国内で企業との対話も実施。

小学生の頃に科学雑誌で読んだ熱帯雨林に惹きつけられると同時に、森林破壊のニュースを知り「なんとかしなきゃ!」と思う。以来、海外で熱帯林保全の仕事に携わるのが夢でしたが、大学では残念ながら森林学科に入れず・・。その後、紆余曲折を経て、30半ばにして目指す仕事にたどり着きました。今でもプロジェクトのフィールドに出ている時が一番楽しい。

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP