©ミスターサカナ クマちゃん

ハゼ・ハゼ・ハゼに絶滅危惧魚も(西表島 浦内川調査)


日本国内で「高い保全価値」(High Conservation Value:HCV)を有するフィールドとして、WWFジャパンが新たに保全プロジェクトを開始した沖縄県の西表島・浦内川流域。

その河口で始まった橋架け替え工事の影響を調べるため、6月15日、水中の様子と未だ全容が明らかになっていない魚類群集の調査を実施。
6名の地元ダイバーの皆さんにより、河口域3か所のポイントで水中撮影が行われました。

©遊びなーら 平野

マングローブは魚の楽園(タカサゴイシモチ属)

撮影された画像は私たちプロジェクトメンバーや研究者に早速共有され、6月29日夜、日本魚類学会自然保護委員の鈴木寿之先生を講師にお招きして、種同定・勉強会がオンラインで開催されました。

調査は1日だけでしたが、22種のハゼ類を含む合計47種の魚たちの姿を確認。
鈴木先生が次から次に同定していくハゼ達の写真を見ながら、色とりどりで姿形も様々なハゼ等魚類の多様性に圧倒されました。

さらに撮影された魚類の中には、捕獲圧を防ぐため種名は伏せますが、ハゼ以外の絶滅危惧種の姿も見られました。

鈴木先生からは、水中の岩場や底質への土砂の堆積はハゼ等の生息に影響が大きく、こうした水中の様子を継続して確認していくことが重要であるとのご指摘がありました。

今年から10年以上にわたって続く予定の橋の架け替え工事が、浦内川の魚類を始めとする野生生物に深刻な影響を与えない形で行われるように、これからも地元の皆さんと協力して確認していきたいと思います。
今後の調査でどんなハゼや魚たちに出会えるかも楽しみです。
続報乞うご期待。
(野生生物グループ 小田倫子)

©西表島エコツーリズム協会

サザナミハゼ

©ミスターサカナ クマちゃん

インコハゼ

©ミスターサカナ クマちゃん

ホホベニサラサハゼ

©ミスターサカナ クマちゃん

ホシハゼ

©TAKEダイビングスクール 竹内

クロコハゼ

©GOOD DIVE 井腰

クツワハゼ

©ミスターサカナ フミヤ

タカノハハゼ

©西表島エコツーリズム協会

コモンヤツシハゼ

©ミスターサカナ 笠井雅夫

クロコハゼ

©遊びなーら 平野

カワギンポ

この記事をシェアする

自然保護室 野生生物グループ
小田 倫子

希少な野生生物を保全するフィールドプロジェクトを担当しています。

弁護士業務の傍ら暇さえあれば自然の中へ生物観察に出かけていた中、沖縄県名護市に居住したことをきっかけに、一念発起して大学で保全生態学を専攻、縁あってWWFの職員に。7年間のコーポレート・パートナーシップ担当を経て、野生生物グループへ異動、国内希少種を保全するフィールドプロジェクトを担当することに。趣味は里山散策と水生生物の観察。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP