WWFジャパンは50周年

WWFジャパンは50周年

あなたのおかげで

2021年9月22日
WWFジャパンは
設立50周年を迎えます

2021年、国内外で環境保全活動に取り組む
WWFジャパンは設立50周年、
WWFインターナショナルは設立60周年を迎えました。
長年にわたる活動へのご理解とご支援に、
心より感謝を申し上げます。

WWFは設立後、
危機にある自然や野生生物の保全に取り組みしながら、
現在の環境保全の基礎となる
「サステナブル(持続可能)」な社会の在り方を打ち出し、
その実現を推し進めてきました。

人と自然が共存できる未来を目指し、
これからもWWFと共に歩んでいただければ幸いです。

50年の活動ハイライト

...

次の50年に向けて

2030年に向けたチャレンジ!

毎年のように世界各地を襲う異常気象や森林火災。
そして新たな感染症の発生と拡散。

いま、劣化する自然環境を保全し、
気候変動をくい止め、
生物多様性を回復させる取り組みが、
急務とされています。

活動開始から50年を迎えたWWFジャパンは、
これからの未来に向け2つの大きな目標を掲げています。

目標 1

生物多様性回復2030

生物多様性回復

世界の生物多様性を回復させるために、 2030年までに、生物多様性の劣化を回復に向かわせる。

目標 2

脱炭素社会2050

脱炭素社会

2050年までに、世界の二酸化炭素の排出ゼロを実現する。そのために、 2030年までに、日本の温室効果ガスの排出量を50%削減する。

この生きものたちと
共生できる世界を目指して

WWFが目指すのは、人と自然が共存できる
「サステナブル(持続可能)」な社会の実現です。

さまざまな野生生物がさらされている危機と、
その解決に必要な取り組みを紹介します。

© Wim van Passel / WWF © David Lawson / WWF-UK © Martin Harvey / WWF © Mikaail Kavanagh / WWF © Michel Terrettaz / WWF © Philippe Oberle / WWF © Bernard De Wetter / WWF © Anton Vorauer / WWF © WWF-Brazil / Adriano Gambarini © Andrey Nekrasov / WWF © Tom Arnbom / WWF-Canon © Martin Harvey / WWF © Simon Lorenz / WWF-Hong Kong © Richard Barrett / WWF-UK © Wild Wonders of Europe / Jari Peltomaeki / WWF © Martin Harvey / WWF

WWFの取り組みをぜひご支援ください

環境保全の輪を
より大きく広げていくために

WWFジャパンは50周年
© Frederico Viana / WWF

国連等の機関ではない、 民間団体のWWFの活動は、
公的資金だけに頼らず、 多くの皆さまからの
ご寄付や募金、会費等のご支援によって支えられてきました。

人と自然の未来の道筋を決定づけるため、
特に重要となるこれからの10年に向け、
環境保全の輪をより大きく広げていくために。

ぜひ皆さまのご支援をお願いいたします。

\ 更新情報は /
LINEでお知らせします!

LINE登録 LINE登録

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP