© Rob Webster / WWF

新型コロナウイルスと野生生物について取材を受けました


皆さん、こんにちは。
今月4月、複数の大手新聞社の記者の方から、新型コロナウイルス(COVID-19)についての取材をいただきました。

WWFが3月に日本を含む5つの国・地域で行なった、感染症と野生生物の違法取引についての意識調査をふまえ、この問題と現状に対する見解を聞かせてほしい、という内容です。

ご承知の通り、新型コロナウイルスによる感染症は、人と動物が共に感染するリスクのある病気。
エボラ出血熱やSARS、鳥インフルエンザなどと同じ「動物由来感染症」です。

そして、私たちが長年取り組んできた野生生物の違法取引、すなわち密輸の問題が今、この感染症の拡大につながる大きな要因として、あらためて注目されているのです。

今回をふくめ、全国メディアの取材を受けたのは、これでもう4回目になりました。

野生生物の違法取引は、もちろん希少な野生生物を絶滅の危機に追い込む深刻な問題ですが、今後はさらに、パンデミックを始めとする私たちのくらしに多大な影響を及ぼしかねない感染症への対策という側面からも、踏み込んだ対応が求められることになるでしょう。

新型コロナウイルス感染症の広がりを受け、今、暮らし、経済、社会のさまざまな側面が、大きな変化と試練にさらされています。

それは、私たちが取り組む環境保全、野生生物や生物多様性の保全においても同様です。

その中で、人、家畜、野生生物を一つととらえ、その健康(One health)の実現を目指すことは、これからの日本社会の新しいチャレンジに他なりません。

大変な状況の中、今も変わらず私たちの活動をご支援くださっているWWFサポーターの皆さま、本当にありがとうございます。

WWFも世界の仲間たちが一つになって、この世界の人類共通の問題の解決に貢献できるよう努力してゆきます。
ぜひこれからも、引き続き応援していただきますよう、お願いいたします。

【寄付のお願い】好きだからこそ 違法な取引から野生動物を守りたい

この記事をシェアする

事務局長
東梅 貞義

これまでにウェットランド(湿地)や黄海の保全を担当。現在は各国WWFの保全活動のリーダーたちと連携した取り組みに力を入れています。

自然保護に取り組み30年近く。これまでのフィールドは、日本では南は石垣島のサンゴ礁から、北海道の風蓮湖まで、世界ではペンギンの生きる南米の海から、極東ロシアのトラの森、渡り鳥の楽園の黄海、そしてミャンマー・タイの東南アジア最大級の手つかずの森まで。野生生物と人の暮らしが交差する現場で、現地の人々や研究者、グローバル企業、国際機関の方々とご一緒に、自然保護と持続可能な未来を目指して日々取り組んでいます。

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP