©WWFジャパン

「気候マーチ」50万もの気候危機の解決を求める声が集結!


午後6時、地下鉄の駅を出るとすぐに、マドリード中心部のプラド通りをめざす人の波に飲み込まれました。その一人ひとりが、メッセージやイラストを描いたプラカードを掲げ、仮装をし、歌を口ずさみ、軽やかにステップを踏んでいます。気候危機の解決を求める行進は、何キロにもわたり大通りを埋め尽くしています。

©WWFジャパン

昨年8月、スウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリさんが一人で国会議事堂の前で始めた「学校ストライキ」。その勇気ある行動は若者たちの共感を呼び、日本を含む世界中に「未来のための金曜日(Fridays For Future)」と呼ぶ活動が広がりました。
やがて若者たちの熱意は多くの市民の心も動かし、わずか1年半であらゆる世代がこの運動に参加。今では世界の主要都市で、毎週金曜日に気候マーチが行われています。

そして、国連の温暖化防止会議COP25が開催されている、ここスペインのマドリードでも、「気候マーチ」(行進)が行なわれました。
報道によれば、その数は50万人。

見渡すかぎり続く行列の中には、若い両親に抱かれた赤ちゃんもいれば、自分で描いたというプラカードをもつ小学生も、クラスメイトといっしょにやってきた高校生のグループも、「若くはないけれど黙っていられなくて」とおだやかにほほえむ高齢者もいます。

さらに、参加している団体も、環境NGOだけでなく、労働組合、文化やスポーツのサークルなどあらゆる分野にまたがっています。

  • さらに表示する
世界中に広がった「未来のための金曜日」を始めたグレタ・トゥーンベリさんを讃えるプラカード
©WWFジャパン

世界中に広がった「未来のための金曜日」を始めたグレタ・トゥーンベリさんを讃えるプラカード

行動を始めた市民は、開幕を前にした11月29日にも、COP25さなかの今日も世界中で街頭にくりだし、会議場にいる交渉官や閣僚にも行動するよう求めました。各国政府が必要とされる行動をとるまで、市民がマーチを止めることはないでしょう。

 会期2週目の来週月曜日には、いよいよ閣僚級会合が始まります。気候危機の回避を願って行動する世界中の市民の期待がCOP25の成果に反映されるよう、私たちも後半の1週間も積極的に活動していきます。どうぞ最終日まで応援してください。(自然保護室・小西)

横断幕に込めたWWFのメッセージは「今しかない!」。気候緊急事態を認識し、一刻も早く行動することを訴えながら、およそ2時間にわたって行進しました。
©WWFジャパン

横断幕に込めたWWFのメッセージは「今しかない!」。気候緊急事態を認識し、一刻も早く行動することを訴えながら、およそ2時間にわたって行進しました。

この記事をシェアする

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP