©WWFジャパン

祝しらほサンゴ村19周年!


こんにちは。

WWFサンゴ礁保護研究センター、通称「しらほサンゴ村」センター長の小林です。

今日はおめでたいニュースがあります。実は、わたしが勤めているしらほサンゴ村の19歳の誕生日なのです!

しらほサンゴ村は、白保地域が世界に誇るサンゴ礁の海を地域とともに守っていくために、2000年の春に設立されました。

設立からこれまで、白保地域の多くの皆様をはじめとして、WWFのサポーターの皆様、様々な分野の専門家の先生方、石垣島を含む南西諸島の地域の皆様等、本当に多くの方々に支えられ、活動を継続することが出来てきました。

この場を借りて、あらためまして、長年にわたり支えてきてくださった皆様に感謝を申し上げます。

夏花と白保日曜市の皆さん。本当に多くの方に、長年の活動を支えて頂いています。

夏花と白保日曜市の皆さん。本当に多くの方に、長年の活動を支えて頂いています。

  • さらに表示する

白保をはじめとした、南西諸島のサンゴ礁生態系や生物多様性の保全のためには、まだまだ多くの課題が残されています。
例えば、白保でも大型のリゾートホテル開発計画の問題が挙げられ、地域の皆さんとともに課題の解決策を探っています。

白保海岸の様子
©WWFジャパン

白保海岸の様子

美しい白保の海、南西諸島の自然を守るために、WWFジャパンのスタッフ一同、より一層努力をして参りますが、活動を進めていくためには引き続き多くの皆様のご協力が不可欠です。

これからもご支援くださいますようよろしくお願いいたします。

白保の海とサンゴ(2019年2月撮影)
©WWFジャパン

白保の海とサンゴ(2019年2月撮影)

最後にお知らせがございます。しらほサンゴ村19周年の記念イベントの開催を白保地域の方々と現在鋭意企画中です。今年は少し時期がずれる見込み、6月ごろの開催を計画中ですので、お楽しみに!

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP