© WWFジャパン

2月2日はWorld Wetland day「世界湿地の日」


本日はワールド・ウェットランド・デイ、「世界湿地の日」です。

1971年の今日この日に、「ラムサール条約」が採択されたことを記念し、制定されました。
これは当初、水鳥の保護を主目的としていましたが、現在ではウェットランド、すなわち「湿地環境」を広く保全し、「賢明な利用」を進める条約として、世界の国々をリードしています。

自分も参加させていただいた、昨年ドバイで開かれたラムサール条約会議。日本からも環境省をはじめ、自然保護団体の関係者など、たくさんの人たちが参加しました。

ところでこの「ウェットランド」、実際どのような自然が含まれているか、ご存知でしょうか。

尾瀬ヶ原や釧路湿原のような湿原。海岸の砂浜や、河口に広がる干潟。また川や湖などは? サンゴ礁はどうでしょう。

実はこれらはすべて、ラムサール条約で定めるところの「ウェットランド」です。

サンゴ礁については全てではありませんが、「水深6m以内の海域」が含まれるため、石垣島・白保のサンゴ礁などは、立派なウェットランドなのです。

  • さらに表示する

石垣島・白保のサンゴ礁。多くの生物をはぐくむのみならず、地元の人の暮らしも支えてきました。こうした自然を「賢明に利用」する「ワイズ・ユース」もラムサール条約の大きなテーマです。


もう一つ、このウェットランドの面白いところは、「自然か人工か」を問わないこと。
その視点で見ると一つ、日本の素晴らしいウェットランドの景色が見えてきます。
「水田」です。

九州北部に広がる水田地帯。私たちの保全プロジェクトのフィールドでもあります。こうした環境に生きる淡水魚の約4割が今、絶滅の危機にあります。

水田やそこを巡る水路、ため池などは、人が作った湿地環境ですが、長い間、人がこのいとなみを続けてきたことで、この自然を主な生息環境とする野生生物が数多く生まれてきました。
実際、アユモドキやカワバタモロコなど、日本しか生息していない国際的にも希少な生物は少なくありません。

ニッポンバラタナゴ。水田などにのみ生息する日本固有の亜種で絶滅が心配されています。産卵期が近づくと、オスの身体はこのようは見事な婚姻色になります。

今、こうした水田の自然が、全国各地で失われようとしています。
四季折々、多彩な彩りと、多様な命の息吹を感じさせてくれるこの景観が、世界的にも価値のある自然なのだ、ということを、今日この「世界湿地の日」にぜひ思い出していただければと思います。(自然保護室 並木)

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
並木 崇

主に九州で水田・水路のプロジェクトを担当。

子どもの頃は野球選手かお花屋さんになりたかった。大学を出て、造園の道へ。生きもののことを考えつつ色々な業種の方とものづくりすることは楽しかったです。紆余曲折あり、自然保護の舞台へ。経歴がバラバラのように見えるかもですが、自然が好きというのは変わっておらず、いまでも現場に出ていけることが一番嬉しいです。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP