©︎naturepl.com / Neil Aldridge / WWF

2月20日は「センザンコウの日」


毎年2月の第3土曜日は、「世界センザンコウの日」。

世界で最も密猟されている哺乳類、とも言われる、絶滅危機種センザンコウの保護を訴える日です。

センザンコウは全身をウロコで覆われた珍しい哺乳動物で、東南アジアに4種、アフリカに4種の計8種が知られています。


センザンコウは古くから、肉が食用に、皮革が革製品に、ウロコが薬の原料として利用されてきました。

2000年以降、特にアジアの経済成長に伴って需要が増大し、密猟や密輸が激化。

まずアジアで個体数が激減し、その後は代替としてアフリカの種が狙われるようになり、数を減らしました。

2000年から2019年までに、違法に取引されたセンザンコウの数は、実に89万頭を超えるといわれています。

©︎E. John / TRAFFIC

押収されたセンザンコウの皮。2016年から2019年に密輸されたウロコは発覚しただけで206.4トンにのぼります。

また近年は、こうしたセンザンコウの危機が、人にも危険を及ぼす可能性が指摘されるようになりました。

センザンコウを「中間宿主」とする動物由来感染症の広がりがあるのではないか、と懸念されているのです。

今、全世界に大きな影響を及ぼしている、新型コロナウイルス感染症(COVID- 19)も、こうした動物由来感染症のひとつ。

世界の各地で続く、野生生物の過剰な利用や密猟、違法な取引といった「野生生物犯罪」が、新型コロナや未知の感染症を含む、さまざまな感染症のパンデミックを引き起こすおそれが、確かにあるということです。

©︎naturepl.com / Jen Guyton / WWF

休んだり身を守るために丸まるセンザンコウ。新型コロナウイルスは、もともと野生のコウモリが保有していたウイルスといわれていますが、これが人に感染する過程において、センザンコウを経由したのではないか、と指摘する研究者もいます。

2021年の「世界センザンコウの日」は、本日2月20日。

センザンコウをご存知の方も、初めて知った!という方も、ぜひこの野生動物についてご関心を深め、その背景にある問題をご一緒に考えていただければと思います。

野生のセンザンコウを、その生息域の自然環境を守ること。それは私たち自身の未来を守ることでもあるのです。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP