クローン生物 こんな身近にいた!「ギンブナ」


「クローン」。
この言葉を聞いて、皆様、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

私は、映画「ルパン三世vs複製人間」のマモーや、ファミコンソフト「ファイナルファンタジーⅢ」の敵モンスターなどが思い浮かび、「SFの世界のもの」というイメージが強かったです(年代がバレてしまいますが、、、)。

1996年にクローン羊「ドリー」が誕生して以来、クローン技術はSFの世界から脱し、一般的になりつつあると思います。

しかし、日本の自然には昔から、しかも身近なところにクローン生物が存在してきました。

それが「ギンブナ」です。

ギンブナは日本全国の河川、小川、水田水路、池など広く分布している淡水種 の一種です。

そして、そのギンブナは地域によってはほとんどがメスで、しかもクローンなのです。

その事実だけでも驚きなのですが、繁殖行動もすごいです。

ギンブナのメスは、他の魚と同様、卵を産むのですが、なんとその卵は、ギンブナ以外の魚の精子が接触した「刺激」によって発生を開始します。

その際、精子のDNAは卵内に取り込まれないため、メス親のDNAのみを持った、クローンギンブナが誕生するのです。

私の田舎の田んぼ。今でも水路でギンブナの幼魚を見ることが出来ます。

私の田舎の田んぼ。今でも水路でギンブナの幼魚を見ることが出来ます。

見た目は地味で、どこの川や池にでもいそうなギンブナ。
だけどその生態は、まさにSF。自然って面白い!!

こうしたギンブナのような 生きものに出会える環境の一つに、水田とそれをめぐる水路がありますが、近年は開発や整備によって、こうした自然も豊かさや多様性を失っています。

そんな、意外に身近な場所にもある貴重な自然を守る活動を、これからも続けていかねばと思います。(海洋水産グループ 植松周平)

  • さらに表示する

田んぼと生きもの保全「失われる命の色」

【寄付のお願い】失われる命の色 田んぼの魚たちと自然を守るために、ぜひご支援ください!

この記事をシェアする

企画管理室 ビジネスアナリスト 兼 自然保護室 海洋水産グループ サイエンス&テクノロジー担当
植松 周平

WWFジャパンの各種活動の成果の確認と評価を行うとともに、海洋や水産のサイエンスやテクノロジーに関する業務を担当。

高校生の時、幼少時の遊び場の環境破壊きっかけに環境保全の道を目指す。海洋保全学の研究者としての経験を活かし、地球環境の保全に青春を捧げています。野生生物保護と人々の生活の両立。とても難しいことだけど必要なこと。子供たちの未来のためにも、皆様と一緒に頑張っていきたいです。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP