© Anton Vorauer / WWF

トラの足跡が示すもの


こんにちは。C&M室の渡邉です。

先月、タイのクイブリ国立公園を訪れました。

クイブリ国立公園は今年1月に、約9年ぶりにインドシナトラの存在が確認されるまで、トラはもういないのでは、と思われていた場所です。

今回私たちがクイブリ国立公園を訪れた理由の一つは、なんと!トラの足跡が見つかったという嬉しいニュースが舞い込んだからです!

クイブリ国立公園は、バンコクから約280km南西に位置し、ミャンマーの国立公園と隣り合っています。

  • さらに表示する
© Anton Vorauer / WWF

インドシナトラは、メコン川流域の森に生息します。20世紀終わりごろの推定個体数は1400頭でしたが、現状ではたったの200頭まで減少。原因は、森の消失や密猟です。(足跡を残したトラとは異なるトラです)

バンコクから車で約5時間。
ドキドキしながら、一般の人は入れない森の道を静かに歩きます。

気温と湿度が高いため、歩いていると比較的涼しい森の中でも汗ばんできます。草をかき分けながら、必死にレンジャーの後ろに続きます。

すると…!

くっきりとした足跡が一つ、泥の上に残されていました。
まぎれもない、トラの足跡です!

ぬかるんだ泥の上を通った際についた足跡がそのまま乾燥し、くっきり残っていました。直径はおおよそボールペンの長さと同程度。お手持ちのボールペンで大きさを体感してみてください!

たった一つの足跡に、そんな大げさな!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、この足跡により、クイブリ国立公園でのインドシナトラの行動が確認できたこと。トラが国境を接しているミャンマー側の森と行き来している可能性が高いこと。そしてこの場所が、インドシナトラを保全する上で、とても重要であることが改めて確かめられたのです。

クイブリ国立公園で20年勤務しているWWFタイのスタッフも、この足跡の発見は今まで働いてきた中で一番エキサイティングだ!と興奮気味でした。

WWFタイとWWFジャパンのスタッフたち

私が足跡を前にして感じたのは、インドシナトラが存在することへの喜びだけではありません。

パトロールや調査に取り組む国立公園のレンジャーや、一緒に活動を行なっているWWFタイのスタッフの頑張りと、日本の地からサポートしてくださっている、WWFジャパンのサポーターの皆さまのご支援が、繋がり合った成果であることを、改めて感じました。

この森とトラを保全する活動は、まだまだ始まったばかりです。
引き続き、活動への注目とご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.wwf.or.jp/campaign/da/

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
渡邉 ゆみ

ウェブサイトやメール、SNSなどデジタルメディアを担当しています。

小さいころから生きものが大好きで、大学は迷いなく生物学科へ。しかし、ひょんなことからIT系の企業へ就職。その後、地球の役に立ちたいという気持ちが爆発し、WWFに入りました。多くの人が触れられるネットメディアを通して、環境意識を高める発信をしていきます!人間よりも、ゴリラが好きです!

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP