©WWF-Malaysia Eric Madeja

海の無い国スイスでの海洋保全!


自然保護室の滝本です。
「ワシントン条約」の国際会議に参加するためスイスに行ってきました。

その会議の合間。買い物に行ったスーパー「コープ」で、私はあるものを発見しました。

青色のMSC認証のラベルと、緑色のASC認証のラベルが付けられた、たくさんの魚の缶詰やツナサンドなどです。

コープはスイスで国内第2位の規模を誇る小売企業。たくさんの認証製品を取り扱っていました。

MSCとASC、この2つの「海のエコラベル」は、海の自然環境や水産資源を守って獲られた水産物に与えられる、国際的な認証エコラベル。

どの国の消費者でも、このマークの付いた水産物を選べば、世界の海を保全する取組みを応援できる仕組みです。
最近は日本でも見かけることが多くなりましたが、スイスのコープで出会った認証製品の品揃えの豊富さにはビックリ!

鮮魚、そして、なんとキャットフードにも、MSC認証マークが付いていました!

  • さらに表示する

キャットフードにも。さすがに日本では見たことがありません

MSC認証のツナサンド

こうした日本とスイスの流通の差は、それぞれの国での認証制度の広がりに関係があるようです。

2018年7月時点で、MSCの認証製品と、認証されていない製品と区別して扱う資格を持つ、加工や小売りの企業が取得するCoC認証をとった企業の数は、日本の166に対し、ヨーロッパでは2,206。

実際、私が行ったスイスのお店でも、「提供しているシーフードは、100%持続可能な供給源から提供されています」と明示されており、認証製品が、消費者により身近であることが感じられました。

© Daniel Versteeg / WWF

スイスのような海の無い国でも、海の恵みである水産資源に配慮したお買い物ができることは、本当に素晴らしいことです。

日本でも、確実に「海の環境に配慮した漁業」への関心が高まっています。こうした漁業を応援するために、皆さんもぜひ、お近くのスーパーでMSCラベルのついた水産物を見つけたら、選んでみてください。

この記事をシェアする

自然保護室 海洋水産グループ所属。主にコミュニケーションとアドヴォカシーを担当
滝本 麻耶

中学の頃、自分がどんな世界・社会で生きたいんだろうと考え始めたことがきっかけで、社会や政治、環境政策のことを学び始めました。感動したのは、大きく早く多くなるだけでなく、小さく遅く少なくなる「発展」もあるという考え方。この考え方をベースに、自分が生きたい世界・環境がなくなってしまわないよう、頑張ります。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP