【動画有り】社員食堂から海をまもる取り組みがスタート


こんにちは。法人パートナーシップ担当の小田倫子です。

海の豊かさが失われていること、魚が減っていることは聞いたことがあるけど、日々忙しい業務に追われる中、自分ができることはあるのだろうか。そんな思いを抱えている人も多いのではないでしょうか。

これに一石を投じる、日本初の取り組みが、大阪からスタートし、このたび取り組みを紹介する動画が公開されました。

日本初のサステナブル・シーフード社員食堂メニュー

3月22日、パナソニックとWWFジャパン共催「SDGs達成貢献に向けた『新』提案:日本初 社員食堂へのサステナブル・シーフード導入の取組説明会」が開催されました。

20年以上にわたりWWFの海洋保全活動を支援しているパナソニックが、「生産」に加え新たに「消費」の面からも「海の豊かさを守る」(持続可能な開発目標"SDGs"14))取り組みとして、社員食堂に「海のエコラベル」MSC/ASC認証水産物(サステナブル・シーフード)の導入を開始。

この日、大阪府門真市のパナソニック本社の社員食堂では、MSC/ASC認証の食材を用いた「びんちょう鮪&かつおの漬けと帆立貝柱の丼ぶり」が提供されました。

サステナブル・シーフード社員食堂(パナソニック(株)本社)の様子

私も試食させて頂きましたが、新鮮で美味しく、海の健康に配慮された安心できる食事に、心身ともに満たされました。

社員の皆様にも意識的に選んで頂けたようで完売御礼!順調なスタートとなりました。

同社では、2020年までに国内すべての社員食堂で、サステナブル・シーフードの導入を目指すとしています。

WWFチームの一員として、この取り組みを通じて、パナソニック社員の皆さんや賛同して頂ける企業の皆さんと一緒に、私たちの食卓にいつまでも豊かな水産物があるように、日本の市場全体をサステナブルに変えていくことができれば、との思いを新たにしました。

関連情報

関連サイト

この記事をシェアする

森林・野生保護室 野生生物グループ
小田 倫子

弁護士として10年間稼働後、家族の転勤に伴い沖縄県名護市に居住したことを契機に、自然保護の仕事を志し大学で保全生態学を専攻、2013年WWF入局。法人パートナーシップ担当として生物多様性保全・気候危機対策に関する企業との協働プロジェクトの提案・実施業務を担当後、野生生物グループに異動、今は国内希少種を保全するフィールドプロジェクトを担当。
学士(法学・農学 東京大学)
法学修士(カリフォルニア大学バークレー校)

国内希少種の宝庫である南西諸島で主に活動しています。フィールドで生き物に出会い、その美しさ・不思議さを仲間と分かち合える瞬間が至福の時。趣味は里山散策と水生生物の観察。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP