© Canon / Brutus Östling / WWF-Sweden

【COP26】非国家アクターのハイレベル会合が開催


国連の気候変動会議COP26が開催されている、イギリスのグラスゴーより、気候変動グループの田中です。


国連では、各国政府によるCOPでの交渉とは別に、パリ協定の目標を達成するために、世界全体で非国家アクターの取組み、協働を進める「グローバル気候アクション」という枠組みを設けています。

非国家アクターとは、企業、投資機関、自治体、市民団体、ユースなど政府以外のあらゆるステークホルダーのこと。

11月11日には、この枠組みの下で、非国家アクターをテーマにしたハイレベル会合「よりよい世界へのレース」が本会議場で開催されました。

©WWFJapan

グローバル気候アクションの枠組みで数々行われてきたCOP26でのイベントを締めくくるハイレベルセッション。

基調講演を行なったアントニオ・グテーレス国連事務総長は、「すべての国、すべての都市、すべての金融機関が、今すぐ、抜本的に、確実に、確認できる形で、排出の削減とポートフォリオの脱炭素化を始めなければならない」と呼びかけました。

©WWFJapan

基調講演をされたアントニオ・グテーレス国連事務総長。遠くからでも引き付けられる力強いスピーチ。

続いて、パネルセッションに登壇したウガンダのユース環境活動家、ヴァネッサ・ナカテさんが「気候変動を止めることができるのは、各国政府や企業などが発表している約束ではなく、行動である」と力強く訴えると、会場には大きく長い拍手が湧き起こりました。

昨年、国連は「Race To Zero」という非国家アクター向けキャンペーンを立ち上げましたが、これには、気温上昇を1.5度に抑える目標を持ち、その実現に向けて行動を起こすことを約束した非国家アクターは、も約7,900までに増加しています。

©WWFJapan

Race To Zeroキャンペーンをリードする、ハイレベル気候チャンピオンのゴンザロ・ムニョス氏(写真中)とナイジェル・トッピング氏(写真右)。世界の非国家アクターを束ねてきたこれまでの道のりを語っている。

世界各国で躍動する非国家アクター。今日のイベントはその活動の集大成でもあり新しいスタートのように感じました。

これからは、非国家アクターに、約束を今すぐ行動に変えていくことが求められます。そして、互いに協働し、脱炭素に向かうレースの勢いをいっそう加速していくことが、気温上昇を1.5℃に抑える鍵といえます。



★WWFジャパンは現地からの最新情報をTwitterで発信しています。
https://twitter.com/wwfjapan

この記事をシェアする

気候・エネルギーグループ 非国家アクタープロジェクト担当
田中 健

修士(理学・九州大学)
福岡県庁、経済産業省で廃棄物管理やリサイクルなどの環境保全行政に従事、日本のリサイクル企業の海外ビジネス展開を支援。その後、日本科学未来館にて科学コミュニケーターとして、アジア・パシフィックの科学館と連携した持続可能な社会プロジェクト等を担当。2018年8月から現職。気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative: JCI)等、企業や自治体など非国家アクターの気候変動対策の強化に取り組む。

子どもの頃から、自然や生き物の「なぜ?」を探るのが好きでした。自治体や国で環境保全に10年取り組むも、「もっとたくさんの人に環境問題を伝えたい!」と思い、科学館スタッフを経てWWFへ。これまでの経験をまとめて生かし、地球温暖化という大きな課題にチャレンジ精神で取り組みます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP