©WWFJapan

【COP26】日本の非国家アクターが世界に発信


国連気候変動会議COP26が開催されているイギリスのグラスゴーより、気候・エネルギーグループの田中です。

COP26 の会場には、各国政府が交渉する会議場の他に、自治体や企業、NGOなどの非国家アクターが活動を発信する場も設けられています。

たとえば、パビリオン、サイドイベント会場、記者会見場などは、各国政府と同様に非国家アクターも利用することができ、その活動を紹介することができます。

脱炭素化の実現には、非国家アクターの取り組みが欠かせないと認識されているからです。

©WWFJapan

各国からのパビリオンが数々並ぶ中の一画にある2階建てのジャパン・パビリオン。1階は展示スペース、2階がイベントスペースで多くの人が訪れる。

WWFジャパンが事務局を務める、日本の非国家アクターのプラットフォーム「JCI(気候変動イニシアティブ)」もここで活動を発信。

JCIのメンバー団体は、2018年の発足時の105から、わずか3年で6倍を超える672に増加し、それぞれの取り組みも進化し続けています。

11月8日には、その取り組みを世界に発信する「今こそゼロへ、気候危機に挑む日本の非政府アクターたち」と題するイベントを主催しました。

このイベントでは、それぞれの企業が1.5度目標の求める「2050年ゼロ、2030年半減」という削減レベルを実現するため、前向きにそして本気で取り組んでいることが発信されました。

また、ユースからは自分たちの未来を守るためにCOP26に参加したという熱い思いが届けられました。

©WWFJapan

会場は満席。気候危機がもたらす未来への不安から、使命感を持ってCOP26に参加したユースが熱い思いを発信しました。

JCAのメンバー団体は、ACA(気候行動同盟)という非国家アクターの国際ネットワークの複数のイベントにも登壇。社会全体でセクターを越えた非国家アクターの協働を深め、自身の取り組みも強化しつつ、非国家アクターの声を各国政府に届け、政策に反映していくことの重要性を共有しました。

©WWFJapan

ACAイベントもまた満席。担当者なのに中に入れず、イベントの前半はガラス越しにイベントを見ながら、音声はオンライン配信で聞きました。

脱炭素化に果たす非国家アクターの役割は拡大し続けており、世界の非国家アクターが一同に集い、COPを舞台にして情報発信と交流を行なうことは、「1.5度目標」達成への機運の醸成に大きく貢献しています。

この記事をシェアする

気候・エネルギーグループ 非国家アクタープロジェクト担当
田中 健

修士(理学・九州大学)
福岡県庁、経済産業省で廃棄物管理やリサイクルなどの環境保全行政に従事、日本のリサイクル企業の海外ビジネス展開を支援。その後、日本科学未来館にて科学コミュニケーターとして、アジア・パシフィックの科学館と連携した持続可能な社会プロジェクト等を担当。2018年8月から現職。気候変動イニシアティブ(Japan Climate Initiative: JCI)等、企業や自治体など非国家アクターの気候変動対策の強化に取り組む。

子どもの頃から、自然や生き物の「なぜ?」を探るのが好きでした。自治体や国で環境保全に10年取り組むも、「もっとたくさんの人に環境問題を伝えたい!」と思い、科学館スタッフを経てWWFへ。これまでの経験をまとめて生かし、地球温暖化という大きな課題にチャレンジ精神で取り組みます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP