『Ocean Peoples』@代々木公園に出展しました!


 

こんにちは、広報室の山本です。

8月3日(土)、4日(日)に東京・代々木公園にて開催された『Ocean Peoples』にブース出展しました。

相変わらずのジリジリするような暑い日差しの中、多くの方がブースに足を運んでくださいました。どうもありがとうございました。

 

WWFのブースでは、海が抱える環境問題をテーマに、『おさかなクイズ』を出題。

普段何気なく食べているマグロやウナギ、サーモン、エビ、タコなどの水産物を、『おさかなクイズ』にして出題してみると、、、

なかなか難しい問題にも関わらず、一生懸命お答えいただき、スタッフも海が抱える環境問題の現状や水産資源の持続的な利用法をお話しするのについつい熱が入ってしまいました!

 

また、今回はたくさんのお子さまにもブースに来ていただきました。

ボランティアさんのご協力で作成したフェルトの食品サンプルの中から好きなものを選んでもらい、そのおさかなに関連するクイズに挑戦!ちなみに『たこ焼き』が人気でした。

参加賞としてさしあげたパンダバッジを、喜んでさっそく洋服や帽子に着けている子もいました。

 

私たちの生活に馴染み深いシーフードの恩恵を受けつづけるために、できることはなにか。このようなイベントを通じて少しでも皆さまの身近に感じていただけるよう、WWFは今後も適切な資源管理を促進する活動に取り組んでいきます。

それが『One Planet Lifestyle 地球にちょうどいい生き方』の、"地球にちょうどいい食べ方"につながっていきますように。。。

イベント当日お手伝いいただきましたボランティアの皆さま、暑い中どうもありがとうございました!

ブースの様子。6名のボランティアさんにご協力いただきました!

クイズで使用した食品サンプルたち。

クイズにチャレンジしてくださった方には、パンダバッチを差し上げました。

▼関連記事▼

▼関連資料▼

C&M室 メディアグループ所属
山本 亜沙美

プレス担当。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です!この仕事に就くキッカケとなった海牛類のマナティとジュゴンなどモフモフよりもヌメッとした動物が好みですが、最近パンダに浮気中。『ゆるく完璧に』中立的な目線でWWFとみなさまをつなぐ仕事をしています♪

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP