Science Based Targetsイニシアティブ(SBTi)とは

この記事のポイント
SBTiは、WWF、CDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)、世界資源研究所(WRI)、国連グローバル・コンパクトによる共同イニシアティブです。企業に対し、気候変動による世界の平均気温の上昇を、産業革命前と比べ、最大でも2度未満に抑えるという目標に向けて、科学的知見と整合した削減目標を設定することを推進しています。たとえば2050年といった長期的視点に基づいた、企業の温室効果ガスの削減に関するビジョンや目標を設定することを重視・推奨しています。また、この目標設定を支援するためのガイダンスやツールなども策定。2017年9月、SBTiのもとで意欲的な削減目標を設定することにコミットした企業が世界で300社を超えました。

SBTiに参加している日本企業

SBTiから承認を取得済みの企業

  • さらに表示する
企業名 承認取得日
ソニー 2015年10月
第一三共 2016年9月
川崎汽船 2017年2月
コニカミノルタ 2017年2月
キリンホールディングス 2017年3月
小松製作所 2017年4月
リコー 2017年7月
ナブテスコ 2017年7月
戸田建設 2017年8月
富士通 2017年8月
電通 2017年8月
パナソニック 2017年10月
富士フイルムホールディングス 2017年11月
LIXILグループ 2017年11月
丸井グループ 2018年3月
積水ハウス 2018年4月
ユニ・チャーム  2018年6月 
サントリー食品インターナショナル  2018年6月
サントリーホールディングス 2018年6月 
日本郵船 2018年6月
積水化学工業 2018年7月
大日本印刷 2018年7月
ブラザー工業 2018年7月
大和ハウス工業  2018年8月
住友林業 2018年8月
アシックス  2018年8月
アスクル  2018年8月
アサヒグループホールディングス 2018年9月
野村総合研究所 2018年9月
住友化学 2018年10月
アステラス製薬 2018年11月
日本電気  2018年11月
セイコーエプソン  2018年11月
YKK AP 2019年1月
イオン 2019年1月
大成建設 2019年2月
大東建託  2019年2月
凸版印刷  2019年2月
日本たばこ産業 2019年2月
エーザイ 2019年5月
日立建機  2019年5月
三菱地所  2019年5月
アズビル 2019年6月
京セラ  2019年6月
ヤマハ 2019年6月
ウシオ電機 2019年7月
花王  2019年7月
小野薬品工業  2019年8月
古河電気工業  2019年8月
清水建設 2019年8月
前田建設工業 2019年9月
大塚製薬 2019年9月

科学と整合した目標を設定することにコミットしている企業

味の素 安藤・間 アンリツ
オムロン カシオ計算機 小林製薬
ジェネックス 島津製作所 ダイキン工業
高砂香料工業 武田薬品工業 東京海上ホールディングス
トヨタ自動車 ニコン 日産自動車
日新電機 日本板硝子(NSGグループ) 日立キャピタル
ファーストリテイリング 不二製油グループ本社 ベネッセコーポレーション
本田技研工業 三菱電機 明電舎
ヤマハ発動機 横浜ゴム J.フロント リテイリング
KDDI MS&ADホールディングス SOMPOホールディングス
UK-NSI    

関連情報

関連記事

関連サイト

日本語情報

英語情報

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP