〆切直前!


広報の三間です。
2か月に1度、会員の皆さまに送らせていただいている、会報『WWF』に載せる「レッドリストの動物たち」の原稿を只今書いております。

これは、絶滅の危機にある野生生物を1種ずつ写真入りで紹介するコーナーで、今回の主役はアホウドリ。といっても、日本の海にいる種類ではなく、南半球の海にいるマユグロアホウドリという鳥です。

この鳥は翼を広げると2.4メートルにもなる(!)大型の海鳥で、この翼でグライダーのように洋上を飛び、魚やイカなどを食べています。

驚くべきはその行動範囲で、コロニー(集団繁殖地)のある島から数千キロを飛び、南半球のインド洋、太平洋、大西洋の海域の大半をカバーしてしまっているということ。

かと思えば、湾内など沿岸に姿を見せることもあり、嵐の後、35キロも内陸の湖で確認された例もあるとか。

主には魚が豊富な大陸棚の海に生きる鳥ですが、そうした場所で行われる漁業が拡大するにつれ、その被害を受けているとのこと。遠い海にも及んでいるさまざま問題が、そこに生きる野生生物を脅かしている現状を、わずかでもお伝えできればと思います。

それにしても、毎回100調べたとすると、良くて10か20くらいしか書けないので、今回もどこを削るか呻吟している最中です。

なんて、こんなこと書いてないで原稿を仕上げねば! 次回の会報は、6月の終わりにお届けいたします。どうぞお楽しみに!

20120510a.jpg

マユグロアホウドリとは、文字通り「眉が黒い」アホウドリの意味。なるほど目の上に黒い眉手のような模様があります。これ母鳥の顔のアップで、実はこの下にかわいいヒナがいます。本誌ではご覧いただけると思います。

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP