海を守るレストランが、調達方針を発表!


広報の松岡です。
関東地方は台風一過で久々の晴れでしたが、秋の陽気を楽しめる間も少ない日が続きますね。

秋は魚の美味しい季節でもありますが、近年では今が旬な身近な魚も「獲り過ぎ」により数が減り、中々獲れない状況が懸念されています。

そんな折、とても良いニュースがありました!

今年5月に東京でオープンした日本初のサステナブル・シーフードのレストラン「BLUE」が、材料として仕入れる魚やエビなどの基準を示す「調達方針」を発表した、というものです。

基準の1つ目の条件は、「海のエコラベル」として知られる、MSCとASCの国際認証を取得した、環境に配慮したシーフードを素材として使用すること。

2つ目の条件として、それで賄いきれない分は、WWFジャパンの「さかなガイド」での評価が「グリーン」なものか、MSC、ASCの認証取得を目指して漁業改善に取り組む生産者が生産したものを使用すること。

いずれも日本の飲食店として例のない厳しく、先駆的なルールを定めています。

料理の材料として使える魚の種類や量が制限されたり、コストも大きくなる難しさはあったと思いますが、「海の自然とその恵みに配慮した水産物のみを仕入れる」という決意が、この調達方針には込められています。

今後より多くの人がこのようなレストランで食事をすれば、それが海を守る活動の支援にも繋がります。

機会がありましたら是非、皆さんも、食事に行ってみてくださいね!

「BLUE」のMSC認証・ASC認証シーフード使用のメニューとお料理。WWFジャパンも今回の調達方針の策定にはアドバイスを重ねてきました。

BLUE Seafoodの店。10月に改装したばかりで壁には「We make future not dishes(私たちが作るのはただの料理ではなく、未来)」の文字も。

関連サイト

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
松岡 永里子

プレス・映像担当。

長年氷上でアザラシを撮影している写真家の方に聞いた、撮影現場で着実に進む地球温暖化の影響にショックを受け、広報代理店から転職。難しい印象もある環境問題ですが、より多くの方に関心を持っていただけるような発信を目指しています。業務として始めた動画制作が今では趣味に。ドローンも練習中!

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP