オリンピック・パラリンピック「持続可能な水産物」で お・も・て・な・し


水産担当の植松です。

ロシアのソチで行なわれているオリンピック。

寝不足になりながらも、注目の競技をご覧になっている方、いらっしゃるかと思います。

このオリンピック・パラリンピックは近年、さまざまな側面から、環境配慮をとても徹底するようになってきました。

そこで活躍しているものの一つが、MSCとASCの認証を受けたシーフードです。

MSCは天然水産物、ASCは養殖水産物。

それぞれ国際的に認められた認証で、私たちWWFも「持続可能な漁業」を推進するため、その普及をめざしています。

実は、2年前のロンドン・オリンピックの会場のレストランで出された魚や貝は、すべて、このMSCとASCの認証を受けたシーフードでした。

また、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック組織委員会により、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでも、供給されるすべての水産物を、MSC、ASCの認証を受けたものとする、と発表されています。

しかも、開催国ブラジルは国として、2016年までに持続可能な漁業を推進し、オリンピックにできるだけ自国の持続可能な水産物を提供する、という方針まで打ち出しました。

2020年には、東京でもオリンピック・パラリンピックが開催されますが、こうした環境配慮の側面からも、世界から注目を集めることになるでしょう。

東京オリンピック・パラリンピック開催まであと6年。

ですが、現在までにMSC・ASC認証を得た日本の水産物はわずか3つです。

これをもっと増やして、すばらしい国産の持続可能な水産物で、世界の方々を「お・も・て・な・し」できたら素晴らしいですね。

ASCのマーク。認証を受けた製品にはラベルが貼られて販売されるため、消費者にもそれが環境配慮型のものかどうか、一目で分かるようになっています。

MSCのマーク
MSCI0263
http://www.msc.org/

MSCラベルつき商品

▼関連リンク▼

企画管理室 事業戦略グループ所属
植松 周平

WWFジャパンの各種活動の成果の確認と評価を行う業務を担当。

高校生の時、幼少時の遊び場の環境破壊きっかけに環境保全の道を目指す。海洋保全学の研究者としての経験を活かし、地球環境の保全に青春を捧げています。野生生物保護と人々の生活の両立。とても難しいことだけど必要なこと。子供たちの未来のためにも、皆様と一緒に頑張っていきたいです。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP