グリーン・リカバリーの実現に向け「#GoToGREEN プロジェクト」を開始!


こんにちは。広報の渡邉です。
突然ですが、みなさんは「グリーン・リカバリー」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

残念ながら日本ではこの「グリーン・リカバリー」は、ほとんど知られていません。

WWFジャパンは、この考えを日本でも広めるために、本日「#GoToGREEN プロジェクト」を開始しました。

グリーン・リカバリーって?

今年一年は、日本はもとより、世界中の経済や人々の生活に大きな影響があった年でした。

一方で、そんな今年だからこそ、新たに始めた習慣や、趣味などもあるのではないでしょうか?

私は、自宅にいる時間が増えたことで、電気使用量も増えたので自宅の電気の再エネ比率を100%に増やしたり、ゴミの量が増したため、包装されていないもの、もしくは簡易包装の商品を以前にも増して買うようになりました。
他には、カットした野菜の根を水耕栽培で育てて食べてみる、風呂敷包みを持ち歩く、なんてことも。

©Jason Houston / WWF-US

電力自由化で、今では賃貸住宅でも簡単に再生可能エネルギーを選ぶことが出来ます!

普段から環境に配慮した生活は心掛けていましたが、生活スタイルがガラッと変化したことで、改めて今までの生活の「当たり前を見直す」きっかけになりました。

私の例は生活の中の小さな変化ですが、こうした流れは、今、コロナ禍からの経済復興策として世界中で「グリーン・リカバリー」として広がっています。

「グリーン・リカバリー」では、コロナ禍からの復興を、単にコロナの前に状況を戻すのではなく、その復興に投じられる智恵と資金を通じて、新しい持続可能な社会を築くことを目指しています。

具体例を挙げると、フランス政府が航空会社エールフランスに経済支援を行う条件に、国内フライトからのCO2排出を2024年までに50%削減や、2時間半未満の代替鉄道手段がある目的地間のフライト削減などを盛り込んでいることがあります。

まさに、社会・経済の「当たり前を見直す」、です!

ぜひ一緒に、グリーン・リカバリーの実現に向かっていただけたら幸いです!(広報・渡邉)

この記事をシェアする

C&M室 メディアグループ所属
渡邉 ゆみ

ウェブサイトやメール、SNSなどデジタルメディアを担当しています。

小さいころから生きものが大好きで、大学は迷いなく生物学科へ。しかし、ひょんなことからIT系の企業へ就職。その後、地球の役に立ちたいという気持ちが爆発し、WWFに入りました。多くの人が触れられるネットメディアを通して、環境意識を高める発信をしていきます!人間よりも、ゴリラが好きです!

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP