トラに願いを。

トラと、
トラがすむ森を
守るために

トラたちの未来が
明るいものであるように
願いをこめて。

© National Geographic Stock / Michael Nichols / WWF
© Adam Oswell / WWF-Thailand
© WWF-Indonesia / Tiger Survey Team

弾けるように
駆けまわる仔トラたち。

全身から、生きる喜びが
ほとばしるかのようです。
どうか、この仔たちが生きていく先で、
密猟に遭ったりしませんように。
十分な食べものに恵まれますように。
人里にさまよい出たりしませんように。
大規模な山火事が起きませんように。
生まれ育った森が、
いつまでもそこにありますように。

©Richard Barrett / WWF-UK

トラが減り続けてきた
2つの原因

 20世紀初頭ごろのトラの分布域
 生息の可能性はあるが、詳細は不明のエリア
 現在の分布域

<森林減少と密猟>

1900年代初頭には、
約10万頭いたといわれるトラ。
2010年の時点での推定個体数は、
わずか約3,200頭にすぎません。
これほど急激に減ってしまった
原因は大きく2つ。
森の減少と、乱獲・密猟です。
100年間で、トラがすむ森は
95%も失われてきました。

その中で、バリトラ、ジャワトラ、
カスピトラの3亜種が絶滅。
中国の亜種アモイトラも、
ほぼ絶滅したとみられています。

絡み合うさまざまな影響

近年では、木材や紙、天然ゴム、
パーム油(植物油)などを
生産するための開発が、
森林減少の最大の要因となっています。
森林火災の影響も小さくなく、
これには地球温暖化も関係しています。

また、森林減少が進むと
交通事故や密猟が起きやすくなり、
さらには家畜の病気が
野生の草食動物に感染し、
トラの獲物となる動物が
減ってしまうといった影響も出てきます。

減少の100年から、
回復の100年へ

世界でめざす、トラの回復

保護区の拡充や、密猟・違法取引の取締り
強化には「国」の力が必要です。
トラが生息する国々の政府は
「2022年ま
でに野生のトラの個体数を 2倍にする
(3,200頭から6,000頭以上へ)」
という国際目標に合意。
WWFは、この目標が実際に達成されるよう
協力しています。
ロシアやネパール、ブータンなどでは個体
数が回復傾向に。
一方で、東南アジアでは、今も減少が続い
ています。

密猟や違法取引を
なくすために

滋養強壮の伝統薬として人気の虎骨をはじめ、
トラに関連する違法な取引は、
アジア諸国を中心に今も続いています。
WWFは、野生生物の違法取引 (IWT-
Illeagal Wildlife Trade)の
撲滅をめざす
活動ネットワーク拠点「IWT Hub」を設置。
運輸、金融、eコマース(電子商取引)に携わ
るセクターや、
税関、警察などとの連携を
進めています。

©Nitish Madan / WWF-International

保護区以外の森も守る

トラの生存を支えているのは
保護区の森だけではありません。
人が生産活動を行なう森でも、
草食動物など
が暮らせる場所を確保するなどの
配慮が重要です。
こうした森は、トラと人里を隔てる
「緩衝地帯」にもなります。
トラが暮らしていける豊かな森を守ることは、
トラ以外の森の生きものや、
人を守ることでもあるのです。

日本に求められる大きな役割

森の減少をくいとめるには、
木材や紙、
パーム油、天然ゴムなどの生産を、
環境に配慮したやり方に改善していくことが
欠かせず、
その実現には、それらを消費
する側の力も欠かせません。
トラのすむ国から、農産物や林産物を調達
している日本の企業や、
それを購入する
消費者が、
森林保全に配慮して生産された
ものを選ぶことは、
トラの森を守る重要な
カギなのです。

©Nitish Madan / WWF-International

ぜひ、ご支援ください!

WWFジャパンは、極東ロシア、タイ、
ミャンマー、インドネシアのスマトラ島で、
トラとトラがすむ森の保全に取り組んでいます。
また、国際取引や日本の消費に
関する活動も行なっています。

ぜひご支援くださいますよう、
お願いいたします。

生息状況の調査
©WWFJapan

生息状況の調査

個体数や生息範囲など、活動の基盤となるデータの収集

森林火災対策
©Tantyo Bangun / WWF

森林火災対策

防火帯の整備、発生の監視、消火活動の支援など

違法行為の監視
©Julia Thiemann / WWF-Germany

違法行為の監視

密猟や違法な伐採・開墾などのパトロール活動の支援

密猟ワナの撤去
©Antonio Olmos / WWF-UK

密猟ワナの撤去

狩猟が禁止された場所で発見されたワナの撤去

森林の再生
©WWFJapan

森林の再生

火災や違法な開墾などで失われた森の再生

負傷したトラの救護支援
©Antonio Olmos / WWF-UK

負傷したトラの
救護支援

ワナにかかるなどして負傷したトラの救護と治療

違法行為の監視
© Pavel Fomenko / WWF Russia

野生復帰

負傷したり人里に出てきたりしたトラの野生復帰

環境に配慮した生産と消費の推進
©WWF Japan

環境に配慮した生産と
消費の推進

FSC®やRSPOなど森林保全に関連する認証制度の普及
(FSC®️N002174)

違法取引の防止
©Ola Jennersten / WWF-Sweden

違法取引の防止

密輸の監視、法律の改善や執行体制強化の支援

© Neil Ever Osborne / WWF-US

ご寄付いただいた方へ

2022年5月31日受付分まで

WWF「トラのポストカード」

1度に5,000円以上の
ご支援をくださった方に

「トラのポストカード」5枚組をお礼としてお送りいたします。
選りすぐりのトラの写真5点を、オリジナルのポストカードに仕上げました。裏表紙には、森を守りながら生産されたことを示すFSC®の認証マークが入っています。

サイズ:横100mm×縦148mm原材料:FSC認証紙日本製

「トラのポストカード」と、「トラの木製マグネット」

1度に10,000円以上の
ご支援をくださった方に

「トラのポストカード」と、「トラの木製マグネット」の両方を、お礼としてお送りいたします。
山梨県産のFSC®認証材(ヒノキ)で作った小さな仔トラ。しぐさの異なる2頭をセットにしました。裏面にはマグネットが付いていて、メモ留めなどにお使いいただけます。

サイズ:およそ横30mm×縦45mm×厚さ7mm
原材料:FSC認証材(ヒノキ)日本製

※プレゼントは十分な数をご用意しておりますが、予想より多数のお申込みをいただいた場合、キャンペーン期間中に配布終了となる可能性がございます。その折は誠に恐縮ながらご了承のほどお願い申し上げます。

※プレゼントは、国際郵便の事情等により国内発送のみとさせていただいております。

※ご寄付に対するお礼状や、ポストカード、マグネットを希望しない方は、払込用紙の通信欄やウェブの申し込みフォームに「返礼不要」とご記載ください。

※「返礼不要」とご連絡をいただいた方には、今回のご寄付に際して、何も送付されません。また、ノベルティいずれかのみの送付ご希望には、ご対応できませんので、ご了承ください。

ご寄付の方法

1.クレジットカードでのご寄付

当ウェブサイトまたはお電話で、お申し込みいただけます。

電話番号 03-3769-1241
受付時間 平日10:00~17:30
(会員係直通)

2. お振り込み (ゆうちょ銀行)

窓口から振り込む(手数料免除)

郵便局備え付け用紙で窓口からお振り込みいただくと、手数料が免除になります。
郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「トラに願いを」と必ずご記入の上、窓口で「手数料免除の振り込みです」と告げてください。

ATMから「郵便局備え付け用紙」で振り込む(手数料が発生)

郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「トラに願いを」と必ずご記入ください。

「電信振替」で振り込む(手数料が発生する場合あり)

  • ATMの電信振替をご利用の場合は、お手続き画面の「ご依頼人名(あなた様名)」の欄に必ず、サポーター番号(10桁)と「トラニネガイヲ」、あなたのお名前の3つをご入力ください。(注)
  • ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の場合は、メッセージ欄に、必ず、サポーター番号(10桁)と「トラニネガイヲ」の2つをご入力ください。

<ご注意ください>

「トラに願いを」「トラニネガイヲ」のご記入・ご入力がない場合は、使途を定めないご寄付となり、プレゼントの対象外となってしまいますのでご注意ください。 窓口で振り込むと手数料が免除されます。

口座番号 00100-4-95257
加入者名 WWF JAPAN

<個人情報の取り扱いについて>

ご記入いただいた個人情報は、ご寄付の受領手続き、領収書の発送および活動に関するお知らせ(活動報告、イベント案内など)やお願いのためにのみ使用します。
このために必要最小限の個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、その他の目的で皆様の情報を第三者に提供することはありません。
必須項目のご入力がない場合や正しくご入力されていない場合は、ご寄付のお申し込みをお受けできません。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去および第三者提供停止などのお問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
★上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

©Nitish Madan / WWF-International

オリジナルグッズプレゼント

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP