よみがえれ!コアラの森 オーストラリア東部の森林保全ご支援のお願い|WWFジャパン

オーストラリア東部の
森林保全ご支援のお願い

オーストラリアのコアラの親子

© Global Warming Images / WWF
© Shutterstock / Alizada Studios / WWF

森林破壊の最前線

地図の中で赤く塗られたところ。
そこは、世界の中でも特に森林減少が
激しく進行している場所*1を示しています。

WWFジャパンはこれまで、
スマトラ島やボルネオ島、
メコン地域(タイ、ミャンマー*2)で、
森林保全活動を行なってきました。

そして2021年。

新たに、オーストラリア東部でも、
保全活動を開始することとなりました。

そこに広がるのは、
ユーカリの木が優占する独特の森。

コアラを筆頭に、
多様な生きものたちが暮らしていますが、
森林火災や農地開発などによって
減少が続いています。

*1:報告書『森林破壊の最前線』WWF,2021より
*2:2021年4月現在、政治状況により、ミャンマーは海外からの支援ができない状況となっています。

オーストラリア東部の
森を脅かす危機

森林火災

オーストラリアでの森林火災
© Adam Dedere

2019年9月から2020年2月にかけて、
かつてない規模の森林火災が
オーストラリアを襲いました。

複数の大学とNGOの共同研究による推定では、
およそ3億頭の野生生物が
被害を受けたとの結果が示されています。

カメ類、魚類、無脊椎動物など、
評価が困難だった生きものを加えれば、
被害はさらに膨大になります。

コアラの親子
©Judi and Brendon Gray

鎮火後の森で見つかった親子。
このあと保護され、無傷であることが確認された。

©WWF-Australia / Sii Studio

火災によって影響を受けた
野生生物の推定頭数(一部抜粋)

小型の食虫性有袋類 3,672万5,000頭
カンガルー、ワラビー 496万3,000頭
コアラ 6万1,000頭
ポッサム、リングテイル 3,893万3,000頭
フクロネコ、タスマニアデビル 1万9,000頭
ウォンバット 118万4,000頭

各州の延焼面積

各州の延焼面積 クイーンズランド州6,190㎢ニューサウスウェールズ州68,970㎢首都特別区740㎢ビクトリア州18,880㎢ノーザンテリトリー350㎢南オーストラリア州3,380㎢タスマニア州430㎢西オーストラリア州15,690㎢

延焼範囲は、オーストラリア全体で
11万km2以上(北海道の面積が約8万3,500km2)。
うち80%が東部の森に集中しています。

農地開発

オーストラリア東部では、
開発による森林減少も起きています。
主な要因は牛肉の生産に関連する農地開発です。
オーストラリア産牛肉の主要な輸出先は日本。

また、肉牛の飼育は、
他の畜産業よりも二酸化炭素排出量が多く、
温暖化への寄与が高いといえます。

気候変動(地球温暖化)

砂漠化
©Global Warming Images / WWF

もともと森林火災は
自然現象のひとつでもあります。

しかし最近は、
これまでにない頻度で火災が発生し、
大規模化、長期化する傾向に。

その背景には、
地球温暖化による異常乾燥などの
「気候変動」が関係していると指摘されています。

©Global Warming Images / WWF

オーストラリア東部の
森の生きものたち

多様な生物がすむ
オーストラリア東部の森を守るには、
火災被害からの回復、
そして、開発などによる
森林減少防止の両方が必要になっています。

コアラ

コアラ
Phascolarctos cinereus

食べるのも眠るのも、赤ん坊を生むのも樹上。食べものの大部分を、ほんの数種類のユーカリの葉でまかなうコアラは、まさに「ユーカリの森がなければ生きられない」動物の代表です。現在の総個体数は10万~50万頭。絶滅危惧種。

ハナナガネズミカンガルー

ハナナガネズミカンガルー
Potorous tridactylus

体長約40センチ。見ためはネズミのようですが、原始的なカンガルーの仲間です。林床に草が密集するような森林を好みます。基本は夜行性。絶滅危惧種ではありませんが、2019-2020の火災で大きな影響を受けました。

カモノハシ

カモノハシ
Ornithorhynchus anatinus

カモノハシもまた、オーストラリア東部と、タスマニアだけに見られる動物です。鳥のようなくちばしを持ち、卵を産む不思議な哺乳類。水中に暮らし、水生昆虫などを食べます。今のところ絶滅のおそれはありませんが、個体数は減少傾向にあります。

テリクロオウム

テリクロオウム
Calyptorhynchus lathami

オーストラリア東部と、南オーストラリア州のカンガルー島のみに生息。カンガルー島では、2019-2020 の火災で、生息地の半分が失われた可能性があります。火災の前までは絶滅危惧種ではありませんでしたが、今後の状況が心配されています。

ヒメフクロネコ

ヒメフクロネコ
Dasyurus hallucatus

体長は25~37センチほど。西オーストラリア州、ノーザンテリトリー州、クイーンズランド州の沿岸部にある、さまざまなタイプの森林に生息。主に夜間に活動し、日中は樹洞や岩の隙間などに身を潜めてすごします。絶滅危惧種。

ハイガシラオオコウモリ

ハイガシラオオコウモリ
Dasyurus hallucatus

オーストラリア東部のみに生息。ユーカリやメラレウカ(ティーツリー)などの森のほか、果樹園や都市部の公園で見られることもあります。ビクトリア州では増加傾向でしたが、2019-2020の火災の影響が心配されます。絶滅危惧種。

© Global Warming Images /WWF

オーストラリア東部の森と
野生生物を守るため、
WWFジャパンは次の活動を行なっていきます。

森の再生と保全

生物多様性の回復
©naturepl.com / Vladimir Medvedev / WWF

WWFオーストラリアの
「2Billion Trees(20億本の木)」
プロジェクトを支援し、
森の再生をめざします。

また、森の減少をくいとめるため、
林産物や農産物の生産と
消費をサステナブル(持続可能)に
変えていくための活動も行ないます。

  • 森の再生力を高める活動を進め、必要に応じて在来樹木の植林も行なう
  • すべてのタイプの森林の少なくとも15%が法的に保護されることをめざす
  • 自然林や、保護価値の高い森林の伐採の、段階的な廃止をめざす
  • すべての林業が、FSC®など適切な森林管理のもとで行なわれるようにする

生物多様性の回復

生物多様性の回復
©naturepl.com / Vladimir Medvedev / WWF

WWFオーストラリアの
「Koala Forever」プロジェクトを支援します。

コアラの生息地拡大と個体数増加をめざすことで、
生物多様性の回復を図っていきます。

2050年までを見据えた長期計画で、
まずは以下の活動が行なわれます。

  • 3500本の在来樹木を植え、低地亜熱帯林の再生を進める
  • 野生動物病院の新設や拡張を進め、被災した野生動物の生存率向上を図る
  • ドローンを使って在来種の種を撒き、分断された森をつなぐ「緑の回廊」を作る

ご寄付いただいた方へ

1度に5,000円以上のご支援をくださった方に

オリジナル「WWFメモパッド」を
ひとつお礼としてお送りいたします。

WWFメモパッド
WWFメモパッド

1枚ずつ切り離せるので、伝言メモやプレゼントに添えるメッセージカードとしてもお使いいただけます。 裏表紙には、森を守りながら生産されたことを示すFSC®の認証マークが入っています。

サイズ:およそ縦7.5cm×横8cm、80枚
原材料:FSC認証紙日本製

1度に10,000円以上のご支援をくださった方に

「WWFメモパッド」と
「コアラの木製しおり」の両方を
お礼としてお送りいたします。

コアラの木製しおり

ユーカリの葉っぱをモチーフにした、山梨県産のFSC®認証材(ヒノキ)の木製しおりです。裏面にアロマオイルを垂らして部屋に置くと、香りを拡散させるディフューザーにもなります。

サイズ:およそ縦11.5cm×横4.3cm原材料:FSC認証材(ヒノキ)日本製

プレゼント期間
2021年9月30日受付分まで

ご寄付に対するお礼状や、メモパッド、木製しおりを希望しない方は、払込用紙の通信欄やウェブサイトフォームで「返礼不要」とお知らせください。

※ プレゼントは十分な数をご用意しておりますが、予想より多数のお申込みをいただいた場合、キャンペーン期間中に配布終了となる可能性がございます。その折は誠に恐縮ながらご了承のほどお願い申し上げます

最新の活動情報をお伝えします

ご支援くださった方には、「サポーター専用メール」にて、最新の活動情報についてお知らせします。

©Minzayar Oo / WWF-Myanmar

ご寄付の方法

1.クレジットカードでのご寄付

当ウェブサイトまたはお電話で、お申し込みいただけます。

受付時間平日10:00~15:00(会員係直通)

03-3769-1241

2. お振り込み (ゆうちょ銀行)

<窓口から振り込む(手数料免除)>

郵便局備え付け用紙で窓口からお振り込みいただくと、手数料が免除になります。 郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「コアラの森」と必ずご記入の上、窓口で「手数料免除の振り込みです」と告げてください。

<ATMから「郵便局備え付け用紙」で振り込む(手数料が発生)>

郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「コアラの森」と必ずご記入ください。

<「電信振替」で振り込む(手数料が発生する場合あり)>

  • ATMの電信振替をご利用の場合は、お手続き画面の「ご依頼人名(あなた様名)」の欄に必ず、サポーター番号(10桁)と「コアラノモリ」、あなたのお名前の3つをご入力ください。(注)
  • ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の場合は、メッセージ欄に、必ず、サポーター番号(10桁)と「コアラノモリ」の2つをご入力ください。

ご注意ください

「コアラの森」「コアラノモリ」のご記入・ご入力がない場合は、使途を定めないご寄付となり、プレゼントの対象外となってしまいますのでご注意ください。 窓口で振り込むと手数料が免除されます。

口座番号00100-4-95257

加入者名WWF JAPAN

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

寄付をする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP