メコンからのSOS

© Kabir Backie / WWF-Greater Mekong © Thailand Wildlife Collective

トラとヒョウを守るために、緊急を要する活動へぜひご支援ください!

ご寄付くださった方に今だけプレゼント!

寄付をする寄付をする

メコンの森に迫る開発の波

インドシナ半島を流れる大河、メコン川の流域に広がる森。 そこでは、トラ、ヒョウ、ドール、アジアゾウ、テナガザル、バンテン、センザンコウなど、絶滅のおそれがとても高い動物たちが命をつないでいます。

この貴重なメコンの森が今、人口増加と経済発展に伴う開発の波に、飲み込まれようとしています。特に大きな要因となっているのが、天然ゴムの生産地の拡大や道路の建設。このままでは、2030年までに、まとまった規模の森はほとんど失われてしまうとの予測すらあります。

天然ゴムの農園

天然ゴムの農園。 メコン地域で生産される天然ゴムを、 日本もたくさん輸入しています。© Hkun Lat / WWF-Myanmar

アジアゾウ

道路の建設は、森を分断するだけでなく、 密猟者などの侵入もたやすくしてしまいます。© Thailand Wildlife Collective

森林減少の推移 メコンの森の森林減少の推移

「幻のトラ」に残された最後の砦

インドシナトラ

© Thailand Wildlife Collective

特に危機的な状態にあるのがインドシナトラです。

カンボジア、ベトナム、ラオスでは、ほぼ壊滅状態に。 ミャンマーは、政情不安が続いてきたため、実態は不明。

なんとか200頭ほどが生き残っているタイにも、 開発の波が迫っています。

そこで2018年、WWFジャパンは、WWFタイと協力して、 ミャンマーとの国境地帯にあるケーン・クラチャン国立公園で、 トラの調査活動に着手しました。

ここは比較的、まとまった森が残っている場所。 隣接するミャンマーにも、トラが生存している可能性があります。

インドシナトラを絶滅させないためには、 この森を、確実に未来へと残していかねばなりません。

インドシナトラの生息状況

密猟の罠が、ヒョウを追い詰める

自動カメラに興味を示すインドシナヒョウ

自動カメラに興味を示すインドシナヒョウ © Cambodia WWF / GDANCP

メコンの森の生きものたちにとって、もうひとつの脅威となっているのが密猟です。トラやゾウなどに標的を定めた密猟だけでなく、とにかく大量の罠を違法に仕掛け、動物を無差別に獲る、というやり方も少なくありません。

撤去した大量のくくり罠

撤去した大量のくくり罠

こうした密猟が特に激しいのが、カンボジアのプノンプリック野生生物保護区とスレポック野生生物保護区です。カンボジアの中で、わずかにインドシナヒョウが生き残っている地域ですが、そのヒョウが、罠の犠牲になっています。

WWFカンボジアは、2016年~2017年の1年間に、行政と協力して5,515個もの罠を撤去。しかし、密猟のパトロールに使える機材も、人材も、圧倒的に不足しています。

メコンの森の生きものたち

アジアゾウ
ドール
シロテテナガザル
ビロードカワウソ
マレーグマ
バンテン
キンイロジャッカル
オルダムマルガメ
アジアゾウ
ドール
シロテテナガザル
ビロードカワウソ
マレーグマ

①アジアゾウ②ドール③シロテテナガザル④ビロードカワウソ⑤マレーグマ ⑥バンテン⑦キンイロジャッカル⑧オルダムマルガメ All Photos © Thailand Wildlife Collective 写真提供:ThailandWildlife.com

トラとヒョウ、そしてメコンの森を守るために

緊急を要する活動へ、ぜひご支援ください!

ご寄付の使いみちは・・・

1インドシナトラを守るために!

ケーン・クラチャン国立公園でトラの調査を行ない、早急に守るべき場所を明らかにするとともに、地元行政や関係者と話し合いを進め、トラとその生息地の保全を図っていきます。

2インドシナヒョウを守るために!

カンボジアのプノンプリック野生生物保護区とスレポック野生生物保護区において、密猟を防ぐためのパトロールにあたる保護官の増員と訓練、罠の捜索と撤去などを進めます。

3メコンの森を守るために!

天然ゴムの生産性と品質の向上を進め、地域住民の収入増加を図ることで、新たな農園開発による森の破壊を防ぎます。また、日本の企業に対し、森を破壊しないよう配慮して生産された天然ゴムを選んで買い付けるなどの協力を求めていきます。

寄付をする寄付をする

ご寄付いただいた方へ

SPECIAL THANKS FOR YOU!

期間限定:2019年5月末日受付分まで

1度のご寄付で5千円以上くださった方には、

WWFオリジナル ヒョウのコースター『ヒョウスター』2枚をプレゼント!

さらに!

1度のご寄付で1万円以上くださった方には、

1度のご寄付1万円以上くださった方には、WWFオリジナル ヒョウのコースター(2枚)に加え、トラのランチョンマット(2枚)をプレゼントいたします!

1度のご寄付で5千円以上くださった方には、ヒョウのコースター(2枚)を、 1度のご寄付で1万円以上くださった方には、ヒョウのコースター(2枚)に加え、トラのランチョンマット(2枚)をプレゼントいたします!

  • プレゼント期間:2019年5月末日申し込み受け付け分まで
  • ご寄付に対するお礼状、コースター、ランチョンマットを希望しない方は、 振込用紙の備考欄やウェブフォーム通信欄に「返礼不要」とご記載ください。
  • コースターは、10cm×10cm、ポリエステル帆布、日本製
  • ランチョンマットは、40cm×30cm、ポリエステルトロマット、日本製

トラとヒョウを守るために、そしてメコンの森を守るために

寄付をする寄付をする

振込等でのご寄付の方法

1 お振り込み (ゆうちょ銀行)

<窓口から振り込む(手数料免除)>

郵便局備え付け用紙で窓口からお振り込みいただくと、手数料が免除になります。 郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「メコン」と必ずご記入の上、窓口で「手数料免除の振り込みです」と告げてください。(注)

<ATMから「郵便局備え付け用紙」で振り込む(手数料が発生)>

郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「メコン」と必ずご記入ください。(注)

<「電信振替」で振り込む(手数料が発生する場合あり)>

  • ATMの電信振替をご利用の場合は、お手続き画面の「ご依頼人名(あなた様名)」の欄に必ず、サポーター番号(10桁)と「メコン」、あなたのお名前の3つをご入力ください。(注)
  • ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の場合は、メッセージ欄に、必ず、サポーター番号(10桁)と「メコン」の2つをご入力ください。(注)

(注)「メコン」のご記入・ご入力がない場合は、使途を定めないご寄付となり、プレゼントの対象外となってしまいますのでご注意ください。
窓口で振り込むと手数料が免除されます。

口座番号00100-4-95257

加入者名WWF JAPAN

2 お電話で(クレジットカードのみ)

受付時間平日10:00~17:30(会員係直通)

03-3769-1241

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP