気づいて!

海の緊急事態

WWFジャパン

からみ合う幾つもの危機が、
海を追いつめている。

© National Geographic Stock / Michael Nichols / WWF

アザラシにからみつく漁網、
一体、どこから来たのでしょうか。

嵐で、海岸から流されてしまった?
あるいは、違法な漁業の証拠を隠すために、
わざと海中に捨てられたのかもしれません。

今や、ほとんどの漁具がプラスチック製。
そのため、いったん海に流出すると、
いつまでも海中を漂い、多くの命を奪い続けます。
深刻な「海洋プラスチック問題」の一面です。

でも・・・この光景がうったえている危機は、
それひとつではありません。

写真に写っているのはハワイモンクアザラシ。
実はもう、1200頭ほどしかいない絶滅危惧種です。

かつて毛皮や油をとるため乱獲されたせいですが、
保護の努力が続く今も、減少は止まっていません。

原因は、沿岸の自然環境の多くが失われてしまったこと、
魚やエビが乱獲で減り、食べものが不足していること、
地球温暖化で海の環境が変化していること・・・
そして、こうした緊急事態に直面しているのは、
ハワイモンクアザラシだけではないのです。

漁網、海洋プラスチック問題 野生生物への影響

止まらない「獲りすぎ」

私たちの暮らしを支えてくれている漁業ですが、
過去50年間で、天然水産物の漁獲量は4倍以上に増加。
獲りすぎの状態になっている水産物も少なくありません。
中には、おとなになる前の未成魚までが獲られているケースも。

また、海鳥やウミガメなどを、
誤って獲ってしまう「混獲」もあとを絶ちません。
重りのついた網を使う底曳き網漁で、
海底の環境が破壊されることもあります。
漁業による影響は、
水産業の対象となっている生きものだけでなく、
広く海洋生態系全体に及んでいます。

漁業 混獲の問題 野生生物への影響

©Brian J. Skerry / National Geographic Stock / WWF

損なわれる自然環境

養殖には、過剰な漁業を抑える一助となる面もあります。
ただ、養殖に使う卵や稚魚は、海から獲ってきている、
という場合も少なからずあります。

また、養殖用のエサとして、天然の水産物が大量に
漁獲されているなど、決して乱獲と無縁ではありません。

さらに、養殆場の建設で沿岸の自然環境が損なわれたり、
魚の糞や、いけすの中に投じられたエサの食ぺ残しなどで、
養殖施設の周りの海が汚染されるという問題も抱えています。

漁業 混獲の問題 野生生物への影響

横行する違法・無法行為

乱獲をおさえ、
サステナブルな水産業をめざす動きを
踏みにじるかのように横行しているのが、
IUU漁業(違法・無報告・無規制の漁業)です。

大量の水産物を密漁し、
安い値段で売りさばくIUU漁業は、
海の生きものはもちろん、
ルールを守って操業している漁業者までも追いつめています。

さらに、だますようなやり方で労働者を船に乗せ、
劣悪な状態で働かせる実態も。
加工の現場では児童労働も起きており、
人権侵害という意味でも大きな問題です。

漁業 IUU問題

流入が続くプラスチックごみ

陸上から海に流れ込むプラスチックごみは、
年間1,100万トンに及ぶといわれます。
これは、大型の旅客機6万8,000機以上に相当する量*です。
(*重量比)

また、漁網や浮きなどの漁具が、
使っている間に切れて流されたり、
海岸に置いてあったものが波にさらわれたりして流出。
これに絡まって自由を奪われ、
最終的に多くの生きものが命を落とすことになっています。

特にIUU漁業では、違法行為を隠ぺいするために、
わざと漁網などを海中に投棄することも。

プラスチック汚染

©James Morgan / WWF-US

海の緊急事態を、
一刻も早く解決するために。

人類は何千年もの間、海の生産力を超えない範囲で、
豊かな恵みの一部を使わせてもらってきました。
その知恵を今に活かし、
海と人との関係を修復していきたい。
WWFの海洋保全活動を、ぜひご支援ください。

魚

IUU漁業の撲滅をめざす

何より対策が急がれる問題にもかかわらず、日本での規制は遅れ気味です。WWFは、日本へのIUU水産物の流入状況を調査。IUU対策のための政府の検討会に参加し、規制や対策の強化を求めています。

魚

漁具の海への流出を止める

海洋生物に特に直接的な被害を及ぼすことから、WWFは漁具の流出防止に注力しています。日本の複数の沿岸域で、地元の漁業者や自治体と協力し、回収やリサイクルのしくみづくりに取り組んでいます。

魚

プラスチック全体の削減をめざす

包装容器や使い捨てプラを扱う企業に対し、リデュースを最優先とする対策の実践を呼びかけ、すでに10社の参加を得ています(22.4現在)。また、法的拘束力のある国際条約の発足を求めています。

魚

サステナブルな水産業への転換を促す

天然水産物の獲りすぎや混獲をなくし、養殖のやり方を環境に配慮した形にしていくために、漁業者や水産物の流通にかかわる企業に働きかけ、サステナブル(持続可能)な漁業への転換を促しています。

魚

消費者の参加機会を作る

サステナブルな水産物に特別なラベルを付けて販売し、消費者が選べるようにする「認証制度」の普及を進めています。また、社員食堂やレストランへ働きかけ、認証された水産物の提供の場を広めています。

魚

認証制度でIUU対策に貢献する

認証制度は、生産から消費までの間で「認証された水産物と、そうでないものとが混じらない」ことの徹底が図られます。そのため、IUU漁業で獲られた水産物の流通を防止するのにも貢献します。

©Antonio Busiello/WWF-US
©Brian J. Skerry / National Geographic Stock / WWF

ご寄付いただいた方へ

2022年11月30日受付分まで

ご寄付いただいた方に、
お礼のプレゼントをお送りいたします。

WWFプレゼント
WWFプレゼントA:織生地ステッカー

プレゼントA:織生地ステッカー

スマートフォンやパソコンなど、身の回りのアイテムに貼れる織生地のステッカー。使用済みペットボトル由来の100%リサイクルプラスチック糸を使用しています。
サイズ:タテ6cm×ヨコ10cm
素材:再生ポリエステル糸
日本製

【ご使用上の注意】
・貼りたい場所の汚れをよく拭き取ってから、貼り付けて下さい。
・再剥離(貼ってはがせる)タイプの糊を使用していますが、貼りつける素材によっては、はがす際に糊の跡が残る可能性がございます。特に、壁紙などは、はがす際に痛めてしまう可能性がございますため、お勧めいたしません。
・再剥離タイプとはいえ、経年による性質の劣化は避けられないため、貼り付けてからある程度の年数が経過した後は、うまく剥がせない場合もございます。
・白など単色系の布生地に貼った場合、糊が移染し、黄変する可能性がありますのでご注意下さい。

WWFプレゼントB:海の生きものスプーン

プレゼントB:海の生きものスプーン

使い捨てスプーンの削減を願って。アザラシ、ペンギン、イルカの3種類のうち、1本をお届けします。どれが届くかお楽しみに!(スプーンの絵柄のご指定やご変更はうけたまわっておりません。あらかじめご了承ください)
サイズ:長さ12cm
素材:ステンレス
日本製

WWFプレゼントC:コパンダキーチェーン

プレゼントC:コパンダキーチェーン

WWFジャパンの公式キャラクター「コパンダ」のぬいぐるみキーチェーン。手のひらサイズで、お尻にはWWFの50周年記念タグが付いています。
※「原風景は未来にある。」キャンペーンにて、お礼品としてお届けしたものと同じアイテムです。
サイズ:高さ約11cm
素材:ポリエステル
日本製

※プレゼントは十分な数をご用意しておりますが、予想より多数のお申込みをいただいた場合、キャンペーン期間中に配布終了となる可能性がございます。その折は誠に恐縮ながらご了承のほどお願い申し上げます。

※プレゼントは、国際郵便の事情等により国内発送のみとさせていただいております。

※ご寄付に対するお礼状や、お礼のグッズ(ステッカー/スプーン/キーチェーン)を希望しない方は、払込用紙の備考欄やウェブの申し込みフォームに「返礼不要」とご記入ください。

※「返礼不要」とご連絡をいただいた方には、今回のご寄付に際して、何も送付されません。また、ノベルティいずれかのみの送付ご希望には、ご対応できませんので、ご了承ください。

ご寄付の方法

1.クレジットカードでのご寄付

当ウェブサイトからのお申し込みを、ぜひご利用ください。

※ウェブサイトからお手続きいただけますと、事務経費の節減につながり、より多くのご支援を保全活動に充てることができます。

2. お振り込み (ゆうちょ銀行)

窓口から振り込む(手数料免除)

「気づいて!海の緊急事態」キャンペーン専用の払込取扱票(手数料免除)をご利用ください。
※キャンペーン専用の払込取扱票をご入用の方には、お送りさせていただきますので、会員係 までご連絡ください。
【専用払込取扱票について】
●リーフレットを郵送(ダイレクトメール)でお届けした場合、専用払込票は、封筒内に同封されております。
●リーフレットを会報と一緒にお届けした場合、専用払込票は、会報「地球のこと2022年夏号」のP.23に綴じこまれております。

<ご注意ください>

●ご寄付に際し、ご本人確認が取れない場合は、プレゼントの対象外となるとともに、領収書も発行いたしかねます。あらかじめご了承ください。
●キャンペーン専用の払込取扱票「以外」を使ってご寄付いただいた場合は、使いみちを定めないご寄付となり、また、プレゼントの対象外となってしまいます。後からの変更を承ることができませんので、ご注意ください。

個人情報の取り扱いについて

ご記入いただいた個人情報は、ご寄付の受領手続き、領収書の発送および活動に関するお知らせ(活動報告、イベント案内など)やお願いのためにのみ使用します。
このために必要最小限の個人情報を業務委託先に預ける場合がありますが、その他の目的で皆様の情報を第三者に提供することはありません。
必須項目のご入力がない場合や正しくご入力されていない場合は、ご寄付のお申し込みをお受けできません。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去および第三者提供停止などのお問い合わせは、個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
★上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

お問い合わせ

※お手続き方法がご不明の場合は、WWFジャパン会員係までお問合せください。

電話番号 03-3769-1241
受付時間 平日10:00~17:30
(会員係直通)

©Brian J. Skerry / National Geographic Stock / WWF

オリジナルグッズプレゼント

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP