東日本大震災から7年を迎えて


事務局長の筒井です。
東日本大震災から7年目となる今年の3月11日を迎えました。

事務局を代表し、ご親族やご友人、かけがえのない親しい方々を亡くされた皆さま、そして、今も多くの困難に向き合い、日々を過ごされている皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

日本の全国を見渡した時、震災の記憶、そしてその教訓は、残念なことではありますが、次第に薄れゆく印象がぬぐえません。

しかし、あの震災がこの国の歴史に、決して消えることのない大きな傷を残した出来事であったことは、誰もが思いを同じくするところと信じます。

そして、今も続く復興の道のりの中で、力を尽くしておられる多くの方がいらっしゃることを、忘れるわけにはいきません。

この震災にあたり、私たちWWFジャパンが「暮らしと自然の復興プロジェクト」を開始したのは、震災の翌月でした。

WWFがこの取り組みで目指したのは、被災地の皆さんとともに「暮らしと東北の豊かな自然のため、震災前を超えた復興」を実現すること。

被災した町(2012年1月)

そしてこの中で結実した一つの成果が、2016年の宮城県志津川湾でのASC認証の取得です。

ASC認証は、自然環境に配慮した「持続可能」な養殖業に与えられる、エコラベルの国際基準。

この世界の認める養殖水産物が、日本で初めて、被災地の海から誕生したのです。

大変嬉しいことに、ASC認証は、この1年で地元石巻市の他の漁協にも広がりを見せており、今後、宮城県名産の養殖カキの半分で、認証の取得が実現する見込みとのことです。

ASC認証を取得した、志津川湾戸倉のカキ。認証の取得は、海の環境に負荷をかけた従来の養殖を、震災をきっかけに「持続可能な形」に大きく変える決断を下した、志津川の皆さまの勇気の賜物でした。

被災地で始まった一歩が、「持続可能な未来」に向けた、頼もしくも、新しい歩みにつながろうとしている。

このことはまた、日本だけでなく、「持続可能な社会」への転換が必要だと、痛切に感じている、世界の人々の期待にも応えるものといえるでしょう。

変化は起こさなければ起きません。

7年前のこの日から生まれた変化と、新たな可能性を育てながら、より良い社会創りを推し進めてゆくために。

そして3.11というこの日を、毎年、胸を張って迎えることができるように。

ぜひ皆さまも私たちと共に歩んでいただきたいと思います。

戸倉のカキ養殖業者の皆さんの取り組みは、2017年の「生物多様性日本アワード」の優秀賞も受賞しました。

関連情報

局長
筒井 隆司

長年にわたる海外勤務を通じ、世界中の人々が願う平和と繁栄の基盤である地球環境が危機的状況にあることを知り、自分に出来る形で何とか環境保護に協力しなくてはと思いました。戸川幸夫氏の高安犬物語が好きで動物の命ももっと大切にしたいと思います

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP