北海道講演で、素敵な人たちと可憐な野生の草花に出会いました!


北海道で市民風車などの再生可能エネルギー普及の事業を行なっていらっしゃる北海道グリーンファンドさんのご依頼で、10月1日に講演に行ってきました。

午後1時から札幌市で、午後6時半からは江別市でと、2回講演する強行軍!

しかし、それぞれの会場には50名以上の人たちがお越し下さり、熱心に聞いてくださいました。

質問もたくさん出て時間切れになる盛況ぶりで、小西の新刊「地球温高は解決できるのか」も完売しました! ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

たくさんの方にお会いした中でも、特に心に残ったのは、パンダクラブ北海道の代表で、40年来のWWF会員でもある、長屋貞夫さんのお話です。

パンダクラブ北海道は、定期的な自然観察会など、地域に密着した活動を続けている市民団体で、長年にわたる円山動物園での街頭募金を通じてWWFジャパンの取り組みをご支援くださっています。

そのパンダクラブ会報に掲載されている野生の草花があまりにも可憐なので、感心したところ、写真を撮影された長屋さんは謙遜しながら、このように仰ったのです。

「目を向けると花をつけているのが見えるんです。普通は見過ごすところにあえて心を向けると見えてくるものがあるんですね」

なんて素敵な言葉!季節が移り替わるにつれて、ひっそりと花咲く小さな自然。そんな小さな幸せに目を向ける姿勢に、すっかり感激した小西でした。

思えばすぐに実行するのが小西のいいところ(?)で、さっそく翌日のフライト前に札幌市内に残る原生林へ。

可憐な草花の写真を撮ってきました。

長屋さんの言葉通り、ひっそりと咲くこれらの花はともすると見過ごすのですが、じっと目を向けると見えてくるんですね♪

北海道グリーンファンドとパンダクラブの皆さん、ありがとうございました。心に残った北海道訪問でした!(温暖化担当 小西)

関連リンク

この記事をシェアする

WWFジャパン  専門ディレクター(環境・エネルギー)
小西 雅子

博士(公共政策学・法政大)。米ハーバード大修士課程修了。気象予報士。昭和女子大学特命教授兼務。
中部日本放送アナウンサーなどを経て、2005年に国際NGOのWWFジャパンへ。専門は国連における気候変動国際交渉及び環境・エネルギー政策。2002年国際気象フェスティバル「気象キャスターグランプリ」受賞。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会持続可能性委員会委員、環境省中央環境審議会委員なども務めている。著書「地球温暖化は解決できるのか~パリ協定から未来へ!~」(岩波ジュニア新書2016)など多数。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP