温暖化をめぐる国際交渉の現状は?事務局での懇談会


草刈です。
先日の夜、事務局の会議室でWWFの役員懇談会を開きました。

これは、各分野の専門家であり、同時にWWFを理事や評議員という役員の立場から、活動にご協力・ご支援くださっている方に講師になっていただき、事務局スタッフと交流する機会として、定期的に行なっているものです。

今回お話しくださったのは、国際環境法の専門家で、環境を保全するさまざまなルールを法律学の立場から研究されている、名古屋大学の高村ゆかり先生です。

高村先生は、温暖化をめぐる国際交渉についても深い見識をお持ちで、WWFがメディア向けに開催している勉強会「スクール・ドーハ」でも、たびたび講師をつとめていただいています。

懇談会でも、昨年末に南アフリカで開催された国連の温暖化防止会議「COP17」ダーバン会議の概要と評価、課題について、これまでの議論の経緯を振り返りながら、お話しいただきました。

さらに、増大している途上国からのCO2排出量には、先進国で消費されるモノを生産するために排出されている量が少なからず含まれていること。これを計測することの難しさや、その責任の所在を追及することの困難についても、分かりやすく解説してくださいました。

気候変動条約の会議で、NGOの活動に接するたびに、WWFという国際的な自然保護団体が交渉の場面でリーダーシップを取り活躍している、とエールを送ってくださった高村先生。日本国内でも、社会を代表する一つの立場として、NGOが積極的に活動することが大事だと話されていました。

参加していたスタッフや役員の方々の間からも活発な質問があがり、日常的に目にする報道などではなかなか知ることのできない、国際交渉の側面に触れることができました。

こうした懇談会を含めさまざまな機会を使って、事務局としても活動のレベルアップを図ってゆかねばと思います!

61he7iw5.gif

20120426blog.jpg

 

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
草刈 秀紀

日本の自然保護にかかわる法制度の改善をめざす取り組みを行なっています。

子どもの頃から動物が好きで、農業者でもないのに農業高校の畜産科に行き、上京して大学時代に多くの自然団体の会員になりました。野生のエルザのゲームワーデンにあこがれ、32年前に職員になりました。最近は、永田町を徘徊しています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP