スマトラ島の森から仔ゾウのトミィの近況が届きました!


森林担当の川江です。
みなさんは、仔ゾウのトミィを覚えてくださっていますでしょうか?

私が担当しているインドネシア・スマトラ島から、"WWF Save Sumatra"という公式Facebookページを通じて、6歳に成長したトミィの写真が届きました!

トミィは2009年7月に、島南部のブキ・バリサン・セラタン国立公園の近くで保護された、親からはぐれてしまった仔ゾウです。

当初は何とか森へ返そうと野生のゾウの群れを探しましたが結局見つからず、公園の自然保護に活躍している「ゾウ・パトロール」のチームに引き取られました。

当時、パトロール隊で唯一のメスのゾウだったアルニが母親代わりとなりましたが、とてもよくトミィの面倒をみてくれるので、トミィは今では本当のお母さんのように慕っているといいます。

2009年に拾われた時、1歳で体重150kgだったトミィも、今や6歳で体重500kg、人の背丈くらいの大きさにまで成長!立派に牙も生え、好青年に育っています。

牙が生え始めた頃には、森に帰ったのか、約ひと月の間戻ってこなかったという不良少年化(?)報告もあったとか。やんちゃなお年頃なのかもしれません。

スマトラ島ではいま急速に熱帯林が失われていますが、トミィたちが暮らすこの世界遺産の森も、例外ではありません。

トミィがなぜ群れからはぐれて迷子になってしまったのか、正確には分かりませんが、熱帯林の減少が背景にあると推測されます。

さらに、森の消失によってすみかを追われた野生のゾウたちが森から出てきて農地を荒らしたり、人と遭遇して事故を起こしたりする事態も相次いでいます。

WWFは、人との衝突を減らし、野生のゾウを森に返すため、訓練されたゾウとゾウ使いによる「ゾウ・パトロール」を行ってきました。

トミィも、最近ではこの「ゾウ・パトロール」隊の一員として、背中にゾウ使いを乗せて訓練も始まっているとのこと。

頼もしく成長したトミィですが、これ以上、トミィのようなゾウを増やさないためにも、WWFはスマトラの森の保全に取り組んでいきます。

6歳に成長したトミィ。WWFインドネシアのスタッフから手渡しでビスケットをもらっています。(C)WWF Indonesia

ゾウ・パトロールの訓練中のトミィ。(C)S.Kawae / WWF Japan

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
川江 心一

ロシア、インドネシア、タイのフィールドプロジェクトを担当。天然ゴムの生産が引き起こす森林破壊の問題を解決するため、国内で企業との対話も実施。

小学生の頃に科学雑誌で読んだ熱帯雨林に惹きつけられると同時に、森林破壊のニュースを知り「なんとかしなきゃ!」と思う。以来、海外で熱帯林保全の仕事に携わるのが夢でしたが、大学では残念ながら森林学科に入れず・・。その後、紆余曲折を経て、30半ばにして目指す仕事にたどり着きました。今でもプロジェクトのフィールドに出ている時が一番楽しい。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP