オランウータンが生きるFSC(R)の森


こんにちは、自然保護室の小林です。
先日ボルネオ島のインドネシア領、カリマンタンに行って来ました。

今回訪問したのは、とある企業が所有しているFSC認証を取得した天然林です。

この森はFSC(R)の基準に則り、環境に配慮した方法で木材の伐採が行なわれている森林なのですが、なんと、オランウータンが生息していることが分かっています。

オランウータンのネスト(赤丸のとこ)

今回見せていただいた区画では、野生の個体を実際に観察はできなかったものの、オランウータンのネスト(寝床)をいくつも観察することが出来ました。

他にも地上性の大型の鳥セイラン(Great Argus)の羽が落ちていたり、ヒゲイノシシの「ぬた場」があったり、マムシの仲間らしきヘビと遭遇したりと、木材の生産が行なわれている森の一部であるにもかかわらず、生き物の気配を感じました。

実際、切り出す木材の量を調整したり野生生物への配慮をするなどして適切に管理されている天然の伐採林は、多くの野生動植物の生息地として機能することが出来ると考えられています。

森で出会った巨木。とても綺麗でした

特にボルネオオランウータンの場合は、その生息頭数の7割以上が保護区の外に分布していると言われており、その多くは天然の伐採林なのです。

つまりオランウータンを保全する上で、それらの森で木材を生産している企業が果たす役割は非常に重要と言えます。

私たちは今回訪問した企業とも、オランウータンの生息調査を行なうための議論を行ない、保全に向けた協働を模索しています。

セイランの羽。目玉のような模様がよく見えます。

私たち人間の生活に必要な木材の生産と、オランウータンをはじめとした野生動物の保全。この2つが両立できるように、これからも取り組みの進展を目指してゆきたいと思います。

ヒゲイノシシのぬた場

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP