© Wild Wonders of Europe / Ingo Arndt / WWF

次の感染症パンデミックを防ぐための緊急要請

この記事のポイント
世界の国々で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の脅威に対する取り組みが続く中、2020年6月17日、WWFは動物由来感染症のパンデミックを引き起こす要因を指摘し、その問題に緊急かつ国際的な対応の必要性を訴えた報告書『COVID 19:人と自然を守るための緊急の呼びかけ』を発表しました。この中でWWFは、非持続可能な自然環境の利用が、全ての人々に対し、動物由来感染症の大きなリスクをもたらすものになると訴えています。

動物と人が感染する「動物由来感染症」の拡大

2019年12月から2020年5月までの間に、200か国以上で37万人以上の人々の命を奪った新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。

この病気の正確な起源については、今もまだ確かなことはわかっていませんが、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)などと同じく、動物と人が共通で感染する「動物由来感染症」である可能性が高いと考えられています。

この動物由来感染症は、近年急激に増加しており、過去30年間で発生した人の新しい疾患のうち60~70%が、こうした感染症に由来する病気とされています。

もともと自然界に存在した動物由来感染症の病原体は、どのようにして人の間に広がったのか。

その大きな理由の一つと考えられるのが、多くの野生動物が生息する森林環境などの破壊です。

農地や牧草地の開発によって、20世紀以降に失われた森林面積は、およそ178万平方キロ。

特に、1945年から2005年の間に世界で引き起こされた、こうした土地利用の変化は、動物由来感染症のほぼ半分に関係しているともいわれています。

森の環境に配慮せずに行なわれる、農地や牧草地への土地の大規模な転換は、野生動物、家畜、人間の間で、感染症を相互に拡散させる危険を増大させています。このような、非持続可能な食料の生産システムの問題は、人口の増加や、食生活の変化により、さらに悪化するおそれがあります。
© Marizilda Cruppe / WWF-UK

森の環境に配慮せずに行なわれる、農地や牧草地への土地の大規模な転換は、野生動物、家畜、人間の間で、感染症を相互に拡散させる危険を増大させています。このような、非持続可能な食料の生産システムの問題は、人口の増加や、食生活の変化により、さらに悪化するおそれがあります。

  • さらに表示する

さらに、病原体を持つ動物の移動や利用、つまり取引や消費も、国境を越え、動物由来感染症を広げる大きな原因となってきました。

とりわけ、検疫などを受けることなく行なわれる違法取引(密輸)については、世界でどのような生物が、どれくらいの数かもわからないまま、今も続いていると考えられています。当然、これらの動物が保有している病原体についても、定かな情報はありません。

こうした森林破壊や、野生生物取引の問題は今も続いています。
つまりこれからも、新型コロナウイルスのような感染症や未知の病気が、世界で大規模に発生する危険があるということです。

取引される野生動物のうち、サルやコウモリ、齧歯類などは、とりわけ感染症のリスクが高い野生動物といわれています。そうした動物の取引や消費を認めた不十分な食品の安全管理は、人が感染症に曝露する機会を増加させています。また、こうした取引や捕獲などに携わる人々も、同様に病気に曝されています。
©TRAFFIC

取引される野生動物のうち、サルやコウモリ、齧歯類などは、とりわけ感染症のリスクが高い野生動物といわれています。そうした動物の取引や消費を認めた不十分な食品の安全管理は、人が感染症に曝露する機会を増加させています。また、こうした取引や捕獲などに携わる人々も、同様に病気に曝されています。

人と自然を守るための緊急の呼びかけ

2020年6月17日、WWFはこの問題をあらためて指摘する報告書『COVID 19: urgent call to protect people and nature (COVID 19:人と自然を守るための緊急の呼びかけ)』を発表しました。

報告書『COVID 19: urgent call to protect people and nature (COVID 19:人と自然を守るための緊急の呼びかけ)』

報告書『COVID 19: urgent call to protect people and nature (COVID 19:人と自然を守るための緊急の呼びかけ)』

この報告書で、WWFは次の点を、動物由来感染症の発生を促進する要因として挙げています。

  • 高いリスクを伴った野生生物の取引と消費
  • 森林破壊を引き起こす土地の転換と利用の変化
  • 非持続可能な形での農業と畜産の拡大

また、これらの問題の解決のため、緊急かつ国際的な対応の必要性を、各国政府、企業・業界、市民社会組織、そして一般市民のそれぞれに訴えました。

各国政府に対する呼びかけ

  • リスクの高い野生生物取引を停止し、違法な野生生物取引なくすための取締りを強化すること。
  • 森林破壊をくいとめ、紙や木材、パーム油などの農産物の生産が、土地利用の転換を引き起こさないようにする法律を整備し、政策を実行すること。
  • 世界の生物多様性保全に向けた、2020年以降の新しい、より意欲的な目標に合意し、そのための適切な資金を提供すること。
  • 野生生物と土地利用の転換を決定する際に、ワンヘルス・アプローチ(同じ環境を共有する、人間と動物の健康を、一つのものとする考え)を組み込むこと。
  • 人と自然の新たな関係を結び直し、生物多様性の減少を食い止め、人類益と地球益のために、自然を回復基調へと導くことが実現できるように、次の3つの2030年目標に国際合意すること
  1. 自然生態系を保護し回復させる目標
  2. 生物種と生物多様性を緊急保護する目標
  3. 生産と消費のフットプリント(環境負荷)を半減する目標
  • 新型コロナウイルスの影響からの経済回復計画の設計にあたり、環境に配慮した移行を確実に行ない、持続可能で回復力のあるビジネスモデルへの投資を促進すること。
  • 脆弱な地域共同体(コミュニティ)が、持続可能かつ柔軟な方法で、先住民の土地や水利用の権利を承認し、食料安全保障と生計を保護できるよう、支援すること。

企業と業界に対する呼びかけ

  • 現状および新型コロナウイルスによる危機の収束後、あらゆる自主的な環境対策を実施し、強化すること。
  • 持続可能な生産を促進すること。製品や原料の供給元までさかのぼれるトレーサビリティを確保し、消費者に持続可能な食生活の選択を促すこと。食品サプライチェーンで生じる環境フットプリントの削減につながる、信頼のあるサービスを提供すること。
  • すべての農産物の生産と消費が、森林と生態系の破壊を引き起こさないよう保証する企業方針とルールを順守すること。
  • すべてのビジネスおよび資金調達の決定にあたり、特に世界的な健康にとって脅威となるリスクへの対応として、ワンヘルス・アプローチを組み入れること。
  • 環境と社会に良い未来をもたらす、革新的な金融メカニズムとソリューションを開発し、実装すること。

市民社会組織に対する呼びかけ

  • 危機の影響を直接受けている、脆弱な地域社会とそれを取り巻く環境の改善をサポートし、その人々が新型コロナウイルスからの復興活動に、適切に参加できるようにすること。
  • 政府や産業界と協力して、違法でリスクの高い野生動物の食用を減らし、食料の供給や消費を、持続可能なものに変革する手段を開発すること。
  • 政府や産業界と協力して、違法でリスクの高い野生動物の食用を減らし、食料の供給や消費を、持続可能なものに変革する手段を開発すること。

市民に対する呼びかけ

  • 政府との協力のもと、自然と人のための「新たな関係」、すなわち、自然環境を危機に追い込んでいる現代の人の行動を変え、人間の健康、福祉、生活を守る新たな進路を目指す約束をすること。そのために生態系を保全し、気候変動(地球温暖化)への取り組みを強化すること。
  • 業界に対し、社会と環境への悪影響を減らすよう、リーダーシップの発揮を要請すること。
  • 暮らしの中で、より持続可能な選択を行ない、食生活と消費習慣を変えること。

このすべてが実施されたとしても、あらゆる病気を予測し、予防することはできません。
しかし今、自然と人との関係を見直し、あらためることは、将来の大規模な感染症の拡大(パンデミック)のリスクを減らす行動となります。

そしてWWFは、2020年9月に予定されている国連の生物多様性サミットが、世界のリーダーたちによるこうした行動を、大きく加速させる重要な機会になると考えています。

自然との関係を変革し、地球の持続可能な未来を守る機会を逃すことなく、今、行動することを、WWFは呼びかけていきます。

報告書

『COVID 19: urgent call to protect people and nature (COVID 19:人と自然を守るための緊急の呼びかけ)』(英語:PDF形式)

この記事をシェアする

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP