カワウソブームの裏で


先月、対馬で撮影されたカワウソ!が大きな話題になりました。

ニホンカワウソの生き残りか、はたまた海峡をはるばる渡ってきた大陸のカワウソか、とても気になるところ。

ではありますが、私たちにとって気になるニュースといえば、タイでのカワウソ密輸事件。

しかも、今年に入って日本人が関わる事件が3件も摘発されました。

まず、2月にカワウソ12頭などをスーツケースに詰め込み、バンコクから日本へ出国しようとした事件。

ついで6月に、コツメカワウソの幼獣10頭を、手荷物に入れて成田行きの飛行機に乗ろうとした男が逮捕された事件。

ボルネオ島のコツメカワウソ

さらに8月、また4頭のカワウソを密輸しようとした日本人が拘束。

こうした事件の背景には、愛らしく多くの人を惹きつけるカワウソの、ペットとしての取引需要があります。

日本国内でのカワウソ類の販売は、今のところ禁止されていませんが、80万~百数十万円という販売価格からも、その需要と希少性は明白。

過去にブームとなった、スローロリスやリクガメ類と同様、違法な捕獲や取引のターゲットになりつつあることが懸念されています。

熱帯アジアに生息するスローロリス

特に、南~東南アジアに生息し、IUCNの「レッドリスト」でも「危急種(VU)」に指定されているコツメカワウソは、絶滅のおそれのある野生動物。

主な危機は、生息環境の急激な悪化ですが、毛皮やペット目的の違法取引も問題視されており、過度な取引を防止するため、ワシントン条約の附属書Ⅱに掲載されています。

こうした問題はカワウソにとどまりませんが、野生動物のペット取引がむやみに広がるのは考えもの。

私たちが全力で取り組んでいる調査や規制のための提言活動は、まだまだ道半ばです。

皆さんもぜひ、こうした取り組みをご支援いただければと思います!(トラフィック 若尾)

関連情報

C&M室の水田多様性PJのコミュニケーションを中心にTRAFFICの仕事も少し
若尾 慶子

子供の頃から生き物に興味があり、大人になってからは動物園でドーセントのボランティアをしていました。生き物に関わる仕事を本業にしたいと医療機器業界からWWFへ転身!ヒトと自然が調和できる世界への賛同者を増やしたいと願う酒好き四十路です。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP