今週末、GREENROOM FESTIVAL14に出展します!


こんにちは、広報の山本です。
5月24日(土)、25日(日)の2日間、横浜の赤レンガ倉庫で開催される、GREENROOM FESTIVAL '14にWWFジャパンもブース出展します!

このイベントは、サーフカルチャー、ビーチカルチャーをルーツに持つ音楽とアートのカルチャーイベント!

今年、WWFジャパンは、6月5日から15日まで開催される「サステナブル・シーフード・ウィーク」の事前イベントとして、世界最大の水産物消費国である私たち日本人とは切っても切れないシーフードをテーマに出展します。

「サステナブル・シーフード・ウィーク」は、私たちWWFと、持続可能な漁業を認証するMSCおよびASCが、自然環境や資源を守り、地域社会にも配慮して生産された、持続可能(サステナブル)な「シーフード」を、もっと世界に広げていこう!と、呼びかける企画です。

横浜でのイベントでは、このサステナブル・シーフード・ウィークのロゴにもなっている、かわいらしい2匹のお魚のイラストも初お目見え。

この2匹のお魚のイラストに好きな色をぬって楽しめるワークショップなど、楽しい出しものを通じて、これからの未来にもおいしく安全なお魚を食べ続けていくことができるように、参加者の皆さんにお伝えしたいと思います。

ちなみにロゴになったこの2匹の魚、まだ名前がありません。名前を会場で募集しますので、どしどしご応募くださいませ!

お気に入りのアーティストのライブを聞きに来た方も、お買い物やお散歩に来られた方も、是非ともお気軽にお立ち寄りください。

海とその自然の未来に、ちょっと目を向けてみる週末のひとときを、皆さんとご一緒できればと思います。スタッフ一同お待ちしております!

画像をクリックすると『GREENROOM FESTIVAL '14』のウェブサイトがご覧になれます。

イベントでは、「サステナブル・シーフード・ウィーク(6/5~15開催)」のロゴになっている、2匹のお魚の名前を募集します!

ワークショップ『おさかなカラーリングメール』も。

WWF事務局にて、ボランティアさんによる準備の様子。私たちのイベントをいつも支えていただいています。

この記事をシェアする

WWFジャパン ブランド・コミュニケーション室 メディア グループ長
山本 亜沙美

大学時代の専攻していた海洋生物学をきっかけに、絶滅危惧種や環境保全活動に興味を持ち始める。2005年卒業後、米セントラルフロリダ大学院にて生物学を学び、2007年に卒業。卒業後、航空会社にて運行管理のオペレーション業務に携わった後、2010年にWWFジャパン自然保護室アシスタントとして入局。2013年より広報・プレス担当として、取材対応、記者発表などをはじめとしたメディアリレーション、イベント企画・運営などに携わる。2018年7月からメディアグループ長として、広報全般・WWFジャパンのブランドコミュニケーションを担当する。

海洋生物学が専門のリケジョな広報プレス担当です。人の心に響くものはいつの時代も変わらずですが、今は伝える手法が多様化しつつあります。情報のトレンドを追いかけ、常に一歩引いた視点で物事を見るように心がけています。休みがあればスクーバ&スキンダイビングをしにどこかの島に行っています♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP