©created by Delphine Gillard

世界野生生物の日にワシントン条約を考える


CITES(サイテス)とも呼ばれるワシントン条約は、1973年3月3日に米国ワシントンで採択されました。それを記念し、国連は、毎年3月3日を世界野生生物の日(World Wildlife Day)に指定しました。

ワシントン条約は、取引の規制を通じて野生生物を種の絶滅から守ることと伴に、その持続可能な利用を理念に据えています。

そう、野生の動植物が消えてしまうことのないように、そして私たちが自然の恵みをずっと享受できるように、そんな願いが込められた国際的なルールなのです。

世界からジャイアントパンダが消えてしまったら…。WWFのロゴだけなら良いのですが、生息地の生態系が大きく崩れてしまいます。

ワシントン条約には、現在184の国や地域が加盟しています。これら締約国が一堂に会する19回目の締約国会議(CoP19)が今年11月14日~25日に南米パナマで開催されます。

© Zig Koch / WWF

オウギワシ(Harpia harpyja)はパナマの国鳥です。生息地である森林の消失・劣化が主な脅威ですが、狩猟対象にもなっているため、ワシントン条約の附属書Iに掲載されています。

COP19に向け、条約事務局や締約国で着々と準備が進められています。締約国の各地域代表からなる執行機関・常設委員会は、今月フランスで開催されます。議題には、CoP19の準備の他、人獣共通感染症予防に条約が果たす役割、各国の法執行状況や取引情報の報告などが挙げられています。

© Kari Schnellmann

フランスの国花「フルール・ド・リス」は、園芸品種のアヤメだそうですが、野生のアヤメ属には絶滅のおそれが高い種もいます。ワシントン条約で取引が規制される植物の中には、ランのように鑑賞目的の利用が主なものもあります。

条約で商業取引が禁止されたり、制限されたりするのは、附属書に掲載されている種に対してのみです。ですから、COPでは、附属書の改正に最も注目が集まります。この改正の提案は、締約国のみが行うことができ、提出期限はCoP19開幕150日前の6月17日です。私たちに関係深い種に関する提案もきっとなされるはずです。

CITES CoP開催年の今年の世界野生生物の日には、ぜひ野生の動植物を守るためのワシントン条約というルールの意味について考えてみてください(野生生物グループ・若尾)。

この記事をシェアする

淡水・教育・PSP室
若尾 慶子

水田多様性PJのコミュニケーションを中心にTRAFFICの仕事も少し。

子供の頃から生き物に興味があり、大人になってからは動物園でドーセントのボランティアをしていました。生き物に関わる仕事を本業にしたいと医療機器業界からWWFへ転身!ヒトと自然が調和できる世界への賛同者を増やしたいと願う酒好き四十路です。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP