© Shutterstock / Soonthorn Wongsaita / WWF

締切迫る!日本の温暖化対策に意見を言いませんか?


こんにちは!突然ですが、今後の日本の温暖化対策とエネルギーのあり方を方向づける大事な政策について、現在皆さんの意見が募集されているのをご存じでしょうか?

2020年10月に菅首相が日本の2050年までのカーボンニュートラルを宣言し、今年4月には温室効果ガスの排出量を2030年に2013年度比46%減、50%の高みを目指すことが発表されました。

今回意見が募集されている政策こそ、この目標の達成に向けた4つの具体策、「エネルギー基本計画(案)」「地球温暖化対策計画(案)」「日本のNDC(国が決定する貢献)(案)」「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)」です。

日本では、温室効果ガスの排出量の8割超がエネルギー起源であること、また11月のCOP26までに政府がパリ協定に提出するNDCや長期戦略が2つの計画を基にしていることに鑑みると、これら4つはいずれも密接不可分な関係にあるのです。

それでは、今回の政府案は十分なものでしょうか?
進展も一部ありますが、目標達成にはまだまだ足りません。2030年の電源はどうあるべきか、誰が排出削減をもっと進めるか、どんな施策を採るのか……。例えばこうした点について改善が可能だと考えます。本来どのような具体策が必要なのか、WWFジャパンの考えも、ぜひご参考になさってください!末尾のリンクよりWWF提言「2030年46%削減を確実に実行できる温暖化政策を導入せよ」をご覧ください。

気候変動対策やエネルギーのあり方を考えることは、私たちの社会のあり方を考えることです。私はいわゆるアラサーですが、2050年時点の若者たちに対してそれまでの取組みの責任を負うのは私たちの世代だと思います。その時に胸を張れるように、しっかり考え、自分なりの意見を持って議論に参加することが大事なのだと改めて思いました。

今回の4つの案は10月4日(月)中まで意見が募集されています。
皆さんもぜひ一度チェックしてみてください!

(気候・エネルギーグループ 吉川)

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP