遭遇!大きなカバと小さな???


WWFの野生生物に関する今後の取組みを検討する会議に参加するためケニアに来ているトラフィックの若尾です。

なんとケニア・ナロック州の支援により、今回の会議はマサイマラ国立公園で開催されています。

世界44カ国から集まった60名を超えるスタッフも、間近に見られるゾウ、キリン、カバ、種々のアンテロープや美しい鳥たちに大興奮です。

特にカバは宿の近くにヒポプール(つまりカバのプール)と呼ばれる池があり、ほんの数メートル先で大きな口を開けている姿やかわいらしい仔カバを観察できます。近くでみると改めてその大きさに圧倒されます。

ヒポプール

そんなヒポプールのすぐ近くで、こんな動物を見つけました。

せいぜい太ったネコくらいの小さな動物。何だかおわかりでしょうか?

ハイラックスです。

つぶらな目をして木の葉を食べている外見からはとてもそうは思えないのですが、ハイラックスは、ゾウやジュゴンなどと近縁の動物とされています。

ハイラックス(イワダヌキ)は、アフリカから中近東に3~11種が分布。

イワハイラックス(Procavia capensis) 和名でイワダヌキと呼ばれることも...。たしかに大きさや格好は似ていなくもないですが、あんまりではないでしょうか。なお、トヨタの車名とは何の関係ありません。

深刻な絶滅の危機には今のところありませんが、いずれも毛皮や食肉を得るために狩猟の対象になっています。さらに近年、狩猟以上に脅威となっているのが、生息地の減少・劣化です。

普段、日本で暮らしているとハイラックスは馴染みの深い動物ではありません。

しかし、アフリカの森林伐採や鉱山開発などには私たちも決して無縁ではありません。

直接間接に私たちの暮らしの影響を受けている野生生物が無数にいることを認識しながら、その保全につながる活動を行ないたいと思います。

マサイキリン(Giraffa camelopardalis)とシマウマ(Equus grevyi)
宿の敷地から撮影。手の届きそうな場所にいましたが、近づくと一定の距離を保つよう離れて行きました。

ソーセージの木
和名はそのままソーセージノキ(Kigelia africana)。ケニアを含むアフリカの固有種。ソーセージに似た実は、地元のビールや伝統薬の材料に利用されるそうです。

この記事をシェアする

C&M室
若尾 慶子

水田多様性PJのコミュニケーションを中心にTRAFFICの仕事も少し。

子供の頃から生き物に興味があり、大人になってからは動物園でドーセントのボランティアをしていました。生き物に関わる仕事を本業にしたいと医療機器業界からWWFへ転身!ヒトと自然が調和できる世界への賛同者を増やしたいと願う酒好き四十路です。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP