© WWF-Indonesia /Jimmy Syahirsyah.jpg

RSPO「森の石けん」プロジェクト始動!


朝の洗顔からランチに食べるサンドイッチ、夜の歯磨きまで毎日お世話になっている「パーム油」という植物油をご存じでしょうか。
私たちの身近にあるのに、知られていないため「見えない油」とも呼ばれています。

食品はもちろん、日用品の原料としても幅広く使われる便利な油ですが、生産国であるインドネシアとマレーシアでは、この生産のための農園開発が、森林減少や人権侵害を引き起こし問題視されてきました。

WWFでは、そうした問題の無いパーム油の利用を企業に呼び掛け、RSPOという認証制度の活用を推進しています。

最近は日本でもイオン株式会社、日清食品ホールディングス株式会社、株式会社明治などパーム油の主用途である食品を扱う大手企業がRSPOに取り組み始めました。

RSPOマーク

RSPOマーク

RSPO認証を取得したパーム油を使った商品には上記のRSPOマークが付けられるのですが、皆さんこのマークが付いた商品を見たことありますか?

実は最近少しずつ増えているのですが、マークを付けられるのに付けていない商品も多くあり、消費者の認知が上がらないというのも大きな悩みです。

  • さらに表示する
日本でもRSPOマーク付商品が増えてきましたが、まだポテトチップスや製パン企業では取り組みさえ始まっていません

日本でもRSPOマーク付商品が増えてきましたが、まだポテトチップスや製パン企業では取り組みさえ始まっていません

そんな時、RSPOマーク付石けんを商品化したい、というお話をダーボン・オーガニック・ジャパン株式会社よりいただきました。

ダーボン社は南米コロンビアのパーム油生産者ですが、日本にはまだ認証マーク付商品が十分には無いこと、消費者の認知も重要であること、それには、石けんを作るだけではなく、クラウドファンディングを通して、賛同者を増やすことから始めたい、という思いに賛同し、私たちも今回、クラウドファンディングに協力しています。

商品を選ぶ、ということは企業へのメッセージであり、未来への投票です。応援よろしくお願いします!


(森林担当:南)

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
南 明紀子

主にパーム油を担当。パーム油生産に伴う森林破壊を止めるため、持続可能な調達を目指し、日本企業とも連携しながら活動しています。

愛読書は『ガンバの大冒険』シリーズなイルカ大好き小学生でしたが、動物が人間のせいで死んでいることを知り、人間がいなくなればいいのではと考えていました。大人になってそれは現実的ではないと理解したので、動物のために人間ができることをしようとNGOを目指し、パンダにたどり着きました。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP