森の未来を新聞で!キリン・スクール・チャレンジ


森林担当の南です。
今日は、この間参加した「キリン・スクール・チャレンジ」のご報告です。

「キリン・スクール・チャレンジ」とは、中高生が「つながっている、わたしたちと世界」をテーマに地球と私たちの繋がりを一緒に考え、議論し、さらに同世代に伝えていく、というプロジェクトです。

こども国連環境会議推進協会とキリン株式会社の共同事業で、今回は「熱帯林」をテーマにするということで講師としてお呼びいただきました。

レクチャーの様子

参加者は中学1年生から高校3年生までの54名。

私からは、インドネシアの熱帯林が減少を続け動物たちが殺されていること、その原因は日本も大量に輸入しているノートやティッシュといった紙製品や、お菓子やインスタントラーメンに使われるパーム油の原料を生産するための大規模なプランテーション開発にあること、WWFでは解決に向けた方策の1つとしてFSC(R)やRSPOという認証制度を推進していること、などを紹介しました。

レクチャーを聞いた上で「未来新聞」を作る、というのがスクールチャレンジの課題なのですが、この未来新聞、実はとても大変な作業なんです。

新聞の設定は、10年後の2025年12月。

今から10年の間にどんな世界になっているのか、どんな技術進歩や行動変化があってそれがどう森林破壊防止に繋がったのか、想像力を総動員して考えなければ記事が書けません。

それでも皆、どうしたら森がなくならないか、動物が殺されないようにするにはどんな仕組みが必要なのか、とても深いところまで話し合っていて驚きの連続でした。

こうした経験を積んだ中高生の将来がとても楽しみになると共に、私自身も、企業だけではなく人々の認識や行動を変えなければ、森を守れないと思い日々活動をしていますが、改めて頑張ろうと思う一日になりました。

未来新聞作成中

グループワークのまとめ

完成した未来新聞(クリックで拡大します)

クリックで拡大します

★キリン・スクール・チャレンジで作成された未来新聞は全て、キリン株式会社のホームページにて紹介されています。力作の数々をぜひご覧ください。
また、この新聞は3月19日(土)に横浜・桜木町駅前で開催予定の「アースアワー2016」にて、キリン株式会社のブースでも展示予定です。横浜近辺でのお買い物ついでに、ぜひお立ち寄りください。

関連情報

自然保護室 森林グループ所属
南 明紀子

主にパーム油を担当。パーム油生産に伴う森林破壊を止めるため、持続可能な調達を目指し、日本企業とも連携しながら活動しています。

愛読書は『ガンバの大冒険』シリーズなイルカ大好き小学生でしたが、動物が人間のせいで死んでいることを知り、人間がいなくなればいいのではと考えていました。大人になってそれは現実的ではないと理解したので、動物のために人間ができることをしようとNGOを目指し、パンダにたどり着きました。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP