エコな未来を目指す!徳島の皆さんとお会いして


温暖化担当の小西です。
先日、徳島で行なわれた「県民環境会議」で、昨年の国連気候変動会議「COP21」と「パリ協定」について講演させていただいた折に、徳島県の飯泉嘉門知事とお会いする機会をいただきました。

飯泉知事は、徳島県や神奈川県、長野県など34の地方公共団体が参加する「自然エネルギー協議会」の会長でいらっしゃいます。

この協議会は、自然エネルギーを推進するための政策制度の在り方などについて、国に対し提言を行なっている団体です。

電力会社による自然エネルギーの接続保留問題などに関しても、実に的確、かつ時宜に適ったご提言をされており、先月8日にも「パリ協定の着実な実現に向けた緊急提言~自然エネルギーの導入加速化による地球温暖化対策のさらなる推進」を発表されたばかり。

WWFでも行なった接続保留問題に対する提言とも趣旨を同じくしており、私たちも注目していました。
その会長とお目にかれたのは、本当に光栄でした。

真に「自然エネルギーを日本で盛り上げていこう!」という志を同じくする、こうした団体の皆さんと一緒に、これからも日本で自然エネルギーを進めてゆかねば!と思います。

また、今回の「県民環境会議」では、環境問題に対する意識の喚起を目的とした動画の優秀作品も発表されました。

中でも私が素敵だと思ったのが、「マイバッグガールズ」という女性たちによるグループの動画。このガールズ、年代は驚くほど多彩ですが、自作自演の歌と踊りがとってもポップです!

温暖化をめぐる交渉やその話題は、とかく重たくなりがちなものですが、今回の徳島では、たくさんの方にお会いし、元気をいっぱいいただくことができました!

関連情報

関連記事

関連記事

この記事をシェアする

自然保護室所属 気候変動・エネルギーグループ所属
小西 雅子

国連交渉や国内政策提言に従事。近年は気象予報士として予測できる電源である再生可能エネルギーの拡大に強い関心。

世界197か国が温暖化対策を実施する!と決意して2015年に国連で合意された「パリ協定」の成立には感動しました!今や温暖化対策の担い手は各国政府だけではなく、企業や自治体・投資家・それに市民です。「変わる世の中」を応援することが好きな小西です♪

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP