これからのアジアの環境保全を考える 中国深圳の町にて


事務局長の筒井です。
先日、中国の深圳に行ってきました。アジア・太平洋地域のWWF事務局の代表による会議に参加するためです。

WWFはもともと、ヨーロッパで設立された団体ですが、今では70カ国以上に拠点を持ち、アジアにも23の国と地域に事務局を構えています。

今回の会議では、そうした国々の代表が集まり、国境を越えた視点から、これから重点的に取り組むべき活動や、その活動を支える資金を作る取り組みを、どう協力して実現していくかを話し合いました。

集まった各国のWWFの代表たち。深圳は香港から約1時間半の国境に位置する人口1400万人を擁した町で、中国のシリコンバレーとも言われ、国の経済成長を体現する町の一つとなっています。

その中には今後、スリランカなどに新たな事務局を開設することや、これまで欧米のWWF事務局から回ってくる資金で活動していたアジアの途上国のWWFが、自立した運営を目指す、といった新しい試みもあります。

何より、人口も経済も、これからさらに拡大していくアジア・太平洋地域は、世界の環境問題においても、重要なカギを握る地域です。

ここでの今後の取り組みが、地球環境の未来を左右する、といっても過言ではないでしょう。

長江の広大な湿地群

こうした世界の動きと変化を見据えながら今、WWFもその活動を大きく広げようとしています。

あと数年でWWFジャパンも設立から50年を迎えます。

今回の深圳訪問では、新興するアジア諸国の仲間たちの取り組みをサポートし、また学び、刺激を受けながら、より大きく成長してゆきたい、そんな思いを新たにしました。

一度野生では絶滅した歴史を持つシカの一種シフゾウ。野生復帰プロジェクトが行なわれている現場にて。

WWFジャパンの会員の方々をはじめ、これまでの私たちの取り組みをご支援くださってきたサポーターの皆さまに、この場をお借りしてあらためてお礼を申し上げますと共に、これからも活動へのご理解とご支援をいただければ幸いです。

関連情報

WWF中国の活動フィールドも案内してもらいました。長江では絶滅が懸念されているスナメリの保護区を見学。

この記事をシェアする

局長
筒井 隆司

長年にわたる海外勤務を通じ、世界中の人々が願う平和と繁栄の基盤である地球環境が危機的状況にあることを知り、自分に出来る形で何とか環境保護に協力しなくてはと思いました。戸川幸夫氏の高安犬物語が好きで動物の命ももっと大切にしたいと思います

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP