「白保日曜市」開催中!


沖縄の石垣島・白保より「しらほサンゴ村」の小林です。
私たちの活動拠点である、WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」では、毎週日曜日、白保日曜市組合が実施している地域の物産展「白保日曜市」が開催されています。

これは、白保の皆さんが手掛けた、さまざまな民芸品や食べ物などを楽しみ、味わうことのできる企画で、今年で13年目を迎えました。

ここに並ぶのは、地元ならではの素材を活かした、豊かな自然の味わいに満ちた品々。
地域に昔から伝わるご飯やお菓子や、四季折々の催事に合わせ、その時期だけ作られるご馳走、また島の風物をテーマや素材にした作品も少なくありません。

色とりどりの野菜はすべて白保産のとれたて野菜。地元の人も楽しみにしています。

なぜ、このような市場が「しらほサンゴ村」で開かれているかというと、これが白保の海のサンゴ礁を守る、一つの手立てにつながっているからです。

白保に限りませんが、どこかの場所で自然や野生生物を守ろうとする時、忘れてはならないのが、その地域で営まれる人の暮らしです。

自然とかかわり、その恵みを受けて生きてきた人を無視した自然保護活動は、まず長続きしません。また、こうした地元の人たちが、自然や野生生物のことを理解し、大切にする気持ちを持たなければ、世代を超えて環境を守っていくことはできないのです。
これは、トラや熱帯林の保全も、サンゴ礁の保全も同じです。

  • さらに表示する

漆喰とサンゴや貝殻で作られたシーサーの置物。一つ一つ表情が違うので、お気に入りを探すと楽しいかも。

「白保日曜市」には、島の自然の恵みや、それを守っていくことの意味や意識を共に感じてもらう、そんな場のひとつになってほしいと思っています。
機会があればぜひ、皆さんも「白保日曜市」に足を運んでみてください。

そして、サンゴ礁の保全をテーマにした「しらほサンゴ村」の展示と、白保の皆さんが手掛けた素敵な品々を、見ていただければと思います。

日曜市を開催している「しらほサンゴ村」。サンゴや海に関する展示が紹介されています。

この記事をシェアする

自然保護室 国内グループ所属
小林 俊介

WWFサンゴ礁保護研究センター・センター長。石垣島白保から、南西諸島の豊かな自然を守るためのプロジェクトを担当。

子供のころからの動物好きが高じて、東南アジアでの野生動物の研究に携わった後、WWFへ。森林関連の仕事に従事した後、石垣島白保の担当に。地域の声を大切にしながら、豊かな南西諸島の自然を守っていけるよう、微力ながら尽力します。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP