©WWFジャパン

石垣島の冬の名物!ムーチーとは!?


鮮やかな黄色、優しい紫色、そして真っ白なお餅。並ぶとまた、さらにきれいに見えます。

これは、石垣島を含む沖縄に伝わる「ムーチー」と呼ばれるお餅。
黄色はカボチャ、紫は紅芋の色で、彩りはいずれも自然のものです。

©WWFジャパン

色とりどりのムーチー(鬼餅)味はほんのり甘く優しい味です。カラフルですが全部自然の色。

また、包んでいる葉も月桃(ゲットウ)という、これまた石垣島や沖縄ならではの植物。

このゲットウ、陸からサンゴ礁に赤土が流れ込むのを防ぐため、白保でも畑の周りなどに植えられていますので、実はサンゴ礁を守ることにも一役買ってくれています。

  • さらに表示する
©WWFジャパン

ムーチーの日はたくさんのムーチーがお店に並びます。しかも翌日のお店には一つも残っていません。

また、包んでいる葉も月桃(ゲットウ)という、これまた石垣島や沖縄ならではの植物。

このゲットウ、陸からサンゴ礁に赤土が流れ込むのを防ぐため、白保でも畑の周りなどに植えられていますので、実はサンゴ礁を守ることにも一役買ってくれています。

©WWFジャパン

ムーチーを包む月桃の葉。甘くスパイシーな匂いが特徴です。虫よけにしたり、畑に植えて赤土流出を防いだり、沖縄では古くから親しまれています。

昔から沖縄では、旧暦の12月8日は「ムーチーの日」とされていて、仏壇にお供えし、家族で食べて健康を祈願したり厄払いをします。初めて赤ちゃんとムーチーの日を迎える家は、「初ムーチー」といって、親戚や近所に配る風習があるそうです。

また、ムーチーの日の時期(旧暦の12月8日)を過ぎた頃から沖縄では寒さが厳しくなり、ムーチービーサーと言います。色も、包装もみんな自然の恵みでつくられた、このムーチー。

美味しいのはもちろん、今、大きな問題として注目されているプラスチックごみもこれなら大丈夫!?

沖縄の石垣島にある私たちの「しらほサンゴ村」では、毎週日曜日、地元の物産が並ぶ「白保日曜市」が開催されていますが、ムーチーの日には、地元の方が心を込めて作ったこのムーチーが並んでいます。

今年も早速いただこうと、「おいくらですか?」と聞いたら、まだ決めてない、とのお返事。「120円?」と聞いてみたら、「いやー100円でいいよー!」だって。笑
皆さまも機会がありましたら是非、ご賞味ください。(WWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」 杉山)

自然保護室 国内グループ所属
杉山 遥

石垣島にあるサンゴ礁保護研究センター勤務しており、主に南西諸島プロジェクト担当。

大学時代に学んだ生物・地学の面白さとそれを教える自由な大人達を見て、「これは面白そう!」と思い自然保護の分野へ。対馬→マラウイ→飛騨→デンマークと紆余曲折を経て、石垣島へ来ました。自然を守る事が結果的に人の生活をより良く楽しく優しくする事に繋がればいーなーと思いつつ、日々精進しています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP