「防災の日」の避難訓練


web担当の三間です。
今日は「防災の日」。都内各所でもあちこちで避難訓練が行なわれているようです。

東京港区にある私たちWWFジャパンの事務局でも、今年からこの日に訓練をすることにしました。

まず予め決められている防災担当者が集まってから、それぞれの部署で点呼をとり、事務局の近くの芝公園まで移動。インターンで来てくれている学生の方やボランティアさん、また、ちょうど運よく?WWFシンガポールから日本に出張してきていたスタッフも一緒に、ぞろぞろ公園へ向かいました。現地で再度点呼をとって終わり。

ハプニングといえば、ちょうど我々が外へ避難している間だけ、どういうわけか土砂降りの雨。解散したらからりと晴れた(防災担当者の中に、雨男か雨女がいるに違いない)。

今日の訓練は簡単ではありましたが、やはり大震災の時のことは思いだします。あの時も、私たちが避難したのは芝公園でした。避難も実際にスムーズに行くとは限りませんし、心構えの上でもやはり訓練は大事。そうしたことをより深く考える日に、今日の「防災の日」をしてゆかねばと思います。

20110901z.jpg

仮想地震が発生直後の事務所。写真とってたら怒られてしまった(汗

20110901y.jpg

雨の芝公園に避難。傘が入用になるとは…

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

森、海、気候、野生生物、さまざまな活動をサポートしています。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然を未来に引き継いでいきたいと思っています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP