持続可能な水産業をめざす起業家を募集


共同記者発表資料 2016年11月17日

起業支援プロジェクト「Oceanチャレンジプログラム」スタート

1)持続可能な水産業を推進する「新たなビジネス」の支援プロジェクトがスタート
2)環境保全団体のWWFジャパンと、起業家支援を行うImpact HUB Tokyoがコラボ
3)2016年11月17日より募集を開始し、2017年4月16日には参加者による事業アイデアを発表

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(東京都港区 会長:德川恒孝 以下、WWFジャパン)とImpact HUB Tokyo(東京都目黒区 代表取締役: 槌屋詩野)は、持続可能な水産業を推進するための起業を支援する「Oceanチャレンジプログラム」を開始し、参加を希望する起業家を募集します。

WWFジャパンとImpact HUB Tokyoが初めて共同で行う本プログラムは、海洋環境や水産資源に配慮して生産された持続可能な水産業の促進のために、海の保全活動に貢献するビジネスの起業を支援する取り組みです。

社会課題解決のための志とアイデアを持つ日本の起業家の発掘・育成と、事業計画の実現を目指します。最終的に持続可能な水産業につながるビジネスであれば、応募者の事業分野は問いません。

本プログラムは、2016年11月17日より募集を開始し、1月16日には採用する事業計画と起業家を選定、2017年1月~4月の間に計3回、東京にて7日間のワークショップを開催します。WWFジャパンスタッフによる海洋保全や持続可能な水産業に関する最新の情報提供のほか、Impact HUB Tokyoのメンター(外部専門家)による起業に関するノウハウのチームごとのレクチャーや意見交換を行う予定です。参加者は、応募時に提出義務がある事業計画をブラッシュアップし、4月終了時には報道関係者を招いた事業計画発表会を行ないます。

いずれもグローバルな視点で社会変革をめざすWWFジャパンとImpact HUB Tokyoは、このプログラムの始動にあたり、それぞれ次のようにコメントしています。

▼WWFジャパン 海洋水産グループ長 山内 愛子

「世界的な海洋環境の悪化や資源の過剰利用の解決が望まれる中で、今回の試みはこれまでにないチャレンジとなります。規模の大小に関わらず、日本から発信できる、新しい海洋保全の取り組みの、実践的な支援につながることを期待しています」

▼Impact HUB Tokyo 代表 槌屋 詩野

「WWFジャパンと協働することで今回、初となる「持続可能な水産業の促進」をテーマに、その分野で活躍する起業家同士で対話し切磋琢磨する、日本ならではの起業家育成プログラムが開発できました。環境保全の可能性をより広げていく一端を、Impact HUB Tokyoとしても担っていきたいと思います」

※プログラムの詳細や、最新の情報は、以下の特設サイトで随時発信予定です。

WWFとは

WWFは、100カ国以上で活動している地球環境保全団体。1961年にスイスで設立された。人と自然が調和して生きられる未来を築くことをめざして、地球上の生物多様性を守ることと人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を小さくすることを柱に活動を展開している。

Impact HUB Tokyoとは

Impact HUB Tokyoは社会的インパクトを生む起業家コミュニティであり、世界約86箇所に存在するImpact HUBネットワークの一員。起業家育成プログラム「Team360」や、スペース・コミュニティの運営を通じ、起業家同士が切磋琢磨する場を提供している。


Oceanチャレンジプログラム概要

募集する事業内容:

海洋環境と水産資源に配慮した持続可能な漁業や仕組みの開発、養殖の推進につながるシーフードの販売や
サービス、レストランでの提供など。これらに限らず、多様なアイデアを広く募集します。
*事業分野は問いません

応募資格

・東京開催のワークショップ計3回、7日間の全てに参加できる方
・持続可能な漁業の推進、海の環境保全につながる取り組みを自ら行う意思のある方
・事業計画案がある方、もしくはすでに事業を始めている方で、今後さらに事業をブラッシュアップしたいと思っている方
・現在同じステージにいる人たちと対話や自習を通して一緒に切磋琢磨したい方

関連キーワード

持続可能な漁業、持続可能な養殖、持続可能なシーフード、海洋生態系の保全、沿岸生態系の保全、MSC認証、ASC認証

参加費

無料 ※ 但し、プログラム開催場所までの交通費は各自で負担となります。

ワークショップ開催日時

・第1回

2017年1月27日(金)~29日(日)の3日間を予定
内容:オリエンテーション、事業計画案の初回発表、分析とフィードバック

・第2回

2017年3月4日(土)~5日(日)の2日間を予定
内容:外部専門家によるチームごとのアドバイス、顧客開発、事業計画案のブラッシュアップ

・第3回

2017年4月15日(土)~16日(日)の2日間を予定
内容:今後のアクションプラン確認、事業計画案の最終発表会

開催場所

Impact HUB Tokyo(所在地:〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3)

宿泊場所:目黒駅周辺のホテル

申し込み方法

以下の特設サイトにて必要事項を記入の上、応募ください。

■申し込みの流れ

・11月17日:プログラム参加者 募集開始
 ※11月30(水)、12月14(水)、12月21日(水)、1月4日(水)、1月6(金)19:30~オンラインでの事前説明会を開催
 (希望者のみ、以下より要事前申し込み:https://team360.doorkeeper.jp/events)

・1月8日23時59分:プログラム参加者 応募締め切り
 ※その後、オンラインでのインタビュー1回

・1月16日:選考結果 発表

お問合せ

【一般からの問い合わせ先】

・Impact HUB Tokyo 担当:岩井 Tel: 03-5761-6775

【報道関係者からのお問合せ先】

・Impact HUB Tokyo 担当:岩井  Tel: 03-5761-6775 Email: misaki@hubtokyo.com
URL: http://hubtokyo.com

・WWFジャパン 担当:松岡 Tel: 03-3769-1714 Email: press@wwf.or.jp 
URL:

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP