©Richard Barrett WWF-UK

気候変動・エネルギー問題を議論する!中高校生向けワークショップ「選ぶ!私たちの未来とエネルギー」【情報・資料の提供ページ】


どんなワークショップ?

気候変動問題の解決の鍵は、“エネルギーの選択”にあります。このワークショップでは、日本のあるべきエネルギーミックスをテーマに、学校や学年の枠を超えて参加者が議論します。

前半では、気候変動・エネルギー問題とその対策に向けた国際的な動きなどをWWFの専門家から学び、後半では、参加者同士がグループを組んでディスカッションを交わす、交渉疑似体験型のワークショップです。

WWFジャパンが、2019年より主催してきたこのワークショップについて、学校などでも自主開催できるようにするため、本ページで必要な教材・資料を公開しています。

将来世代にとって目を背けることが出来ない気候変動問題(地球温暖化問題)。この問題を理解し解決策を考える力を養うことは、学生にとっていまや重要なリテラシーの1つです。多くの教育関係者の皆様にご活用いただけることを願っています。

ワークショップ紹介動画

これまでの開催報告

これまでWWFジャパンが主催したワークショップには、2021年末までに計8回、延べ約300名の学生にご参加いただきました。さらに本ワークショップは学校の課外授業としてもSGH校などで実施いただいております。

ご活用の場面

このワークショップは、前半のレクチャー、後半のディスカッションを合わせて約2時間半の構成となっています。前半・後半を分けて別日に実施する、あるいは前半を予習として、後半のみ授業にするなど自由にアレンジが可能です。主な活用場面は以下ですが、これらに限定されません。

  • 学校の課外授業
  • 環境系イベントでのプログラム
  • 学生サークル等

ダウンロードできる資料

ワークショップの資料は以下よりダウンロード可能です。
前半のレクチャーで使用する動画2点、後半のディスカッションで活用するワークシート、ならびに教員向けのインストラクションガイドと投影用のスライドをご用意しています。またこれにくわえて、ワークショップにあたり事前学習を行う場合の予習シートもご用意しております。予習シートは、書籍「地球温暖化を解決したい~エネルギーをどう選ぶ」を読んだ上で記入するもので、ワークショップ実施者にはこの書籍を無償で配布いたします(お問い合わせ下さい)。

【予習用】

【前半用】

【後半用】

(※)なお動画については、2021年作成時のもののため、以下にご留意ください

(注1)動画2(4:38)では、石油の割合を3%としていますが、2019年時点では約6%となっており(以下URL)、また石油以外のエネルギー源についてもその割合には年次変動があります。必要に応じて最新の数値をご確認ください。
https://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2021/pdf/2_1.pdf

(注2)動画2(7:58, 16:35)では現在の原発数を54基としていますが、廃止決定などにより数値は変化します。最新の基数は、原子力規制委員会のHP等で確認ください(以下URL)
https://www.nsr.go.jp/jimusho/unten_jokyo.html

(注3)動画2(17:05)で示す発電コストの数値(及び図)は、以前(2014年)の国の分析結果です。最新のコストが発表されているので(2021年)、以下をご覧ください。
経産省:2030年度におけるエネルギー需給の見通し(以下URL)
https://www.meti.go.jp/press/2021/10/20211022005/20211022005-3.pdf

今後の開催予定

本ページでは、学校などでのワークショップの自主開催を推奨すべく資料公開をしていますが、これとは別に、WWFジャパンでは定期的に本ワークショップを主催しております。
(ただしWWF主催のワークショップは回数・人数が限定されますので、各校での自主開催を推奨いたします)

  • WWF主催によるワークショップは、次回2022年6月を予定しております

ワークショップ(書籍)に関するお問合せ

ワークショップの資料に関すること、書籍の要望については以下よりご連絡下さい。
多くのみなさまからの御連絡をお待ちしております。
climatechange@wwf.or.jp

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP