©Martin Harvey

TRAFFICについて


TRAFFICの使命

TRAFFIC(トラフィック)は、野生生物の取引を調査・モニターするNGOです。WWF(世界自然保護基金)とIUCN(国際自然保護連合)の共同事業として設立され、世界10地域の拠点を中心に世界中に広がるネットワークを通じて活動しています。そのミッションは、国内法および国際法や協定に基づき、調査・モニター・報告・政策提言を通じて、特に動植物にとって有害な取引をなくすことです。日本においては、WWFジャパンの中に拠点を置き野生生物保全部門の一端を担い、共に協力しながら活動しています。

©Robert Patterson / WWF
  • さらに表示する
©Wayne Wu / TRAFFIC / Sniffer dogs / China Customs

野生生物の取引に関する自然保護分野での第一人者として、中立的で信頼できる組織として高い評価を得てきました。設立は1976年にさかのぼります。以来、調査に基づき実践活動を重視した、最新の知見に基づく革新的で実際的な保護策の実現に努め、世界的ネットワークに成長してきました。現在、世界中でおよそ130名のスタッフが連携して活動しています。

TRAFFICの使命

©Martin Harvey

TRAFFICが目指すのは、野生動植物の取引が、生態系の完全性を損なうことなく持続可能なレベルで管理されている世界です。 またそれが、人々のニーズに大きく貢献し、地域経済や各国の経済を支え、 野生の動植物種とその生息環境の保全への機運を高める方法でおこなわれるのが望ましいと考えています。そのために、野生動植物の取引が自然環境を脅かさないよう、調査・監視をおこなっています。

TRAFFICの活動

©Jonathan Caramanus / Green Renaissance / WWF-UK

パートナーであるWWFやIUCNと協力し、課題、方向性、優先順位を明らかにしたストラテジックプランを策定し、それに基づいた活動をおこなっています。
また、野生動植物の取引を管理・規制する国際条約である「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)」の事務局と密接な協力関係を築いています。

野生生物取引に関する対策が進むように取引の動向、パターン、影響や動機について調査・分析をベースにした情報提供、政策提言を行なっています

1.効果的な法規制の促進

<政府が・・・>
野生生物取引が自然環境の保全にとって脅威とならない政策や規制を、制定および施行する。

2.積極的な経済および社会的誘因

政府や民間が・・・・
野生生物の持続可能な取引を奨励するためになる利益や誘因を提供し、効果的な野生生物取引の規制を支援する、経済政策や方策を適用する。

3.持続可能な消費

業者や消費者が・・・・
野生生物の購入を決める際に、自然環境の保全にとって脅威とならない決定をする。

4.活用される知識

様々な意思決定者が・・・・
野生生物取引の保護への影響などについての正しい情報を入手し、それをそれぞれの管理対策および取り組みに適用する。

TRAFFICとワシントン条約

©traffic

TRAFFICの最優先課題は、野生生物の取引問題に取り組むために国際的な協力関係を促進することです。 特に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引関する条約」(CITES)との連係を重視しています。

TRAFFICはワシントン条約で意思決定がおこなわれる際に必要な情報を提供するなど、 野生生物の国際取引が持続可能な水準を維持し、種の存続への脅威とならないようワシントン条約の活動を支援しています。

特にワシントン条約締約国会議においては、TRAFFICは国際自然保護連合(IUCN)とともに、 提出された附属書改正提案について徹底的な分析をおこない、その結果を発表しています。 またこの分析に基づき、各附属書改正提案に対するTRAFFICの見解をまとめ、公表しています。 これらは関係者に配布され、会議での検討の際に参考にされます。さらに、レポート やブリーフィングなども会議の資料として配布しています。

トラフィックとWWFジャパン

日本に事務所を置く、トラフィック・ジャパンオフィス は、トラフィックネットワークのアジア地域の一員として、また、WWFジャパンの野生生物取引調査部門として、日本がかかわる野生動植物の取引に関する問題を中心に、 活動をおこなっています。 WWFジャパンの中に拠点を置き、共に協力しながら、トラフィックネットワークとしての活動をおこなっています。またトラフィックの活動は、WWFジャパンの会員の方々や WWFジャパンへのご支援により支えられています。

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP